この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気楽に気持ち良くスイングするには素振りが大事!

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

上達したい!、だったらまずは素振りをしましょうね。

ちなみに練習場でもただ打つだけではなく素振りを増やすとスイングが楽に振れるようになってきます。

素振りを多くしましょう。

ゴルフは続けて練習していたり、経験が増えてくるとどうしても考える事が増えてしまいます。

それは良くわかるのですが、あまり考えすぎてしまうと体に力が入り、スムーズにクラブが振れなくなってしまうのです。

ゴルフは、しっかりとした思考、考えがあると迷いなくどんどん上達します。

素振りは良いスイングを作る為に必要な練習

ゴルフは、長年続けていると、知識が増えていきます。

テークバックは低く引かないといけないとか、右腰が流れないようにとか、ヒザが流れないようにとか、ワキを締めなければいけないとか、左の壁をつくらなければいけない等など、年々増えていきます。

実は、これが上達しない大きな原因となっているのです。

どういう事かというと、スイングでチェックする点が増えると、それだけで手でスイングを作ったり、スイング中に考える事が多すぎて、体がスムーズに動かなくなってしまうのです。

1回のスイングは、約2秒と言われています。

始動したらもっと速いかもしれませんね。

その間に、3つも4つも、多い人だと7つも8つもチェック点があったりします。

それらのチェック点を頭で考え、そしてそれを再現しようとすると、体は思うように動かず、
手でスイングを作ろうとしてしまうのです。

つまり考えすぎると、手打ちになりやすいのです。

手打ちになったら、もうどれだけ練習してもスイングは良くならず、上達は難しいのです。

また、頭で考えてスイングをすると、固まってしまい動けなくなる場合もあります。

アドレスで動かなくなる人っていますよね?

あれは頭の中でチェック点を思い出している為ですね。

アドレスで固まっている人を見て、ナイスショットが打てると思いますか?

打つ前から、ミスになるだろうなって思いませんか?

ここで大事なのが「捨てる」という事。

ゴルフの上達に必要と思われる知識、ナイスショットを打つ為の知識、これらをあなたはきっとたくさん持っている事でしょう。

それらを全て「捨てて」みましょう。

捨てるって言うと変な言い方ですね。

「忘れて」しまいましょう。

さっきのように、テークバックで・・・腰が・・・、

トップでは・・・、切り返しで・・・とか、

こういうチェック点を全て忘れてしまいましょう。

スイングする時は、何も考えずにただ振るだけに集中するのです。

今まで、スイングする度に思い出していたチェック点を全て忘れてしまったりしても、以外とちゃんと振れるものです。

体はちゃんと理解し、何をやるべきかがわかっているのです。

「チェック点を忘れましょう!」と言うと、「思うように振れないじゃないか!」と考えるかもしれません。

でも、本当にあなたにとって必要なチェック点だったら、そのうち自然とチェックする事になるので、何も心配する事はないのです。

難しいチェック点は全て忘れて、以前に話した気持ち良く振る!を思い出してスイングしてみましょう。

どうして、どんどんシンプルでシャープになるかと言うと、知識を忘れて気楽に振る事を徹底するからです。

今まで蓄積してきた知識は全て忘れて、気楽に気持ち良く振る事だけを頭に入れてスイングすることです。

だからスムーズに振れて、無駄のないスイングになって、ナイスショットも格段に増えるのです。

難しい事をやって無理にスイングを作らなくても、気楽に気持ち良くスイングする事だけを意識していれば、自然とシャープでシンプルなスイングに変わってくるのです。

もし、あなたが、スイングする時に、いろいろチェックしているな~って思ったら、一度忘れてしまいましょう。

忘れる事は不安に思うかもしれませんが、忘れて気楽にスイングしてみて下さいね。

意外と楽に振れますからね。

ポイントは、

「ゴルフが上達できる思考とは?『忘れる事!』」

「スイング中の難しいチェック点は忘れましょう!」

「気楽に気持ち良くスイングをする事に専念する!」

これを覚えておきましょう。

素振りでゴルフを上達する方法

たくさん練習しているけど上達しない!

どうすれば上達するんだ!

ボールをたくさん打っても上達しない、まず、お伝えしたいことは、ボールを打つだけが、ゴルフの練習ではない。

ということ。

上達しないと悩む方には、「ひたすらボールをたくさん打つ」という傾向があります。

もちろん、ボールを打つ練習は必要です。

しかし、ボールを打たないで練習した方がよいケースがあります。

それはスイングを直す時です。

スイングを直す時は「素振り」がオススメです。

ボールが目の前にあると、スイングにスムーズさがなくなりがちです。

ボールを意識してスイングの細かい部分がわからなくなります。

素振りには複数の種類があります。

どれもあなたの上達を助けてくれるとても効果的な練習です。

(1)ボールを意識しない素振り

練習の最初におこなうボールを意識しない素振りをします。

・ストレッチ

・体幹を鍛える

・体の動きをスムーズにする

練習の途中で「スイングがぎこちない」と感じたときにも行います。

(2)ボールを意識する素振り

こちらがメインの素振りです。

実際にボールがある意識で、本気で素振りをします。

ボールを打つ練習と交互に行うと良いです。

スイングを直す練習では、「10球素振りで1球打つ」くらいで調度良いです。

ラウンド前の練習は「どんなボールが出るか」をチェックするために行うので、そこまで素振りを増やさなくて良いです。

(3)目的別の素振り

素振りにはたくさんのバリエーションがあります。課題に応じて使い分けます。

・重いクラブを振る(体幹を使う練習)

・クラブを逆さに持つ(回転の早さを体感する練習)

・クラブを片手に1本ずつ持つ(体とクラブを同調させる練習)

・20秒かけてスロースイング(スイングの細部を把握する)

この練習方法は、ひたすらボールを打つ練習よりも素振りが効果的です。

タオル素振りで正しいゴルフスイングの習得

飛距離アップのためには、身体をムチのように使っていくことが重要です。

しなやかでなめらかなスイングを目指すためには、タオルを使った素振りが有効です。

クラブは重いので、余計な動きや力が加わってもそれなりに振れてしまいますが、タオルは軽い上に柔らかいため、スイングの際に余計な力が入ると、スムーズに振ることができません。

少し長めのタオルを用意して、先端を丸めて重りを作って、重りと反対側を握り、体幹の軸を意識しながら左右均等に素振りを行います。そして繰り返し、行ったり来たりの素振りを行っていきます。

ポイントは、背中にポンと当たったのを合図に、反対側に振りだしていきます。同じリズムとテンポを心がけて振っていきます。

背中の同じ位置に当たると言うことが大事なポイントになります。

振っていて、背中に当たる位置がバックスイングとフォローで同じ位置に当たるようにしてください。

首に巻き付いたり、振った後に脇腹の下の方に当たってしまわないように、背中の上部の同じところに当たるように、繰り返しやってみます。

慣れてきたら、左右均等でなく、実際のスイングのようにバックスイングからインパクト、フォロースイングまでを意識して素振りをします。

何回か素振りをした後に、クラブを振ってみます。なかなかタオルと同じ感覚にはなりませんが、イメージとしては柔らかいタオルをしならせて振っているようなイメージで振ります。

タオルをゆっくり振るだけで、クラブがとても柔らかい物のように、しなっているような感覚になります。

その感覚が消えないうちに、タオルを振っているイメージで、滑らかなイメージでボールを打ちましょう。

素振りでアウトサイドインのスライスを直すドリル

どうすればスライスは直るのか?

ベテランのゴルファーさんにはスライスを直すことをあきらめている方も多いようですが、もしあなたがスライスで悩んでいるなら素振りドリルを試したらいかがでしょう。

スライスって辛いですよね。

私もゴルフをはじめた頃はスライスに悩みましたが、今でもラウンド中にでることがあります。

スライスは飛距離が落ちますしラフや林の中でのセカンドショットになります。

スライスを直せば、、、

・飛距離が伸びます
・ショットが安定してOBが減ります
・良いスコアでラウンドできます

実際、、、

「スライスを直して、ドライバーの飛距離が30ヤード伸びた!」
「スライスを直して、100を打たなくなった!」

という方も多いです。

スライスを直すのはそれほど時間はかかりません。

ちょっとした意識の変化や、スイングの修正で直ることも多いです。

スライスを直すと飛距離が伸びて、方向性が安定します。

(1)素振りでアウトサイドインを直すドリル

スライスにはいくつか原因があります。

中でも多いスライスの原因は、スイング軌道がアウトサイドインになっている。

アウトサイドインの軌道はスライスやフックにもなります。

ショットが左右にばらつきやすくなり方向性が安定しません。

素振りドリルはボールを打たないのでラウンド中にボールが捕まらなくなったら素振りをしてみる。

(2)ダウンスイングで肩の開きを遅らせるドリル

ダウンスイングで目線をボールより1m後方あたりを見ながら連続素振りをする。

すると、、、

通常よりもインサイド・アウトの軌道になります。

スイングを直すときは通常よりもオーバーな動きで直す必要があります。

アウトサイドインの軌道を直すにはインサイド・アウトの軌道で連続素振りをすると効果があります。

では、実際にボールを打ってみましょう。

いつもよりもボールが右に出ればOKです。

軌道は修正されていますので、フェースの向きやタイミングがあってくると捕まりのあるドローボールになります。

今回のドリルでスライスを直す場合は「スイング軌道がアウトサイドインになっているか?」
を確認してから行ってくださいね。

6番アイアンで左足1本で素振りの練習

肩の回転、腕の上げ方、ダウンスイングでの左ヒジのたたみ方など、理想のスイングとは何かを感覚的につかめる練習方法があります。

左足1本で素振りをすることで感覚がつかめます。

アマチュアゴルファーは実に理論好きです。

体重移動がスムーズでないと飛距離が出ないとか、テークバックのときの両腕の三角形は崩してはいけないとか、確かに巷にはゴルフ理論が沢山あります。

沢山の理論に振り回されるあまりとても窮屈なスイングになっている人が多いです。

その結果がダフリやトップでは折角のゴルフが楽しくないです。

理想のスイングとは?

楽で楽しいスイングであると思います。

無理に体を回転させようとせず、必要以上に力を入れずに、楽に振り、しかも、ボールが思った方向に遠くへ飛んでくれれば、ゴルフはきっとおもしろくなるでしょう。

そのための感覚を身につける練習法が、左足ー本打法なのです。

6番アイアンを手に、左足1 本でクラブを振ってみると、頭でいろいろ考えなくても、肩の動き、腕の上げ方、ダウンスイング時の左ヒジのたたみ方がわかってきます。

1日5分間、毎日これを続ければ、理想のスイングが身に付きます。

実際に練習場でボールを打ってみると、こんなに楽なスイングでいいのだろうかと思うが、飛んで行くボールがそれでいいことを如実に教えてくれます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
気楽に気持ち良くスイングするには素振りが大事!
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!