この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフ初心者のスイングの基本をマスター

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

グリップを決めたら始動までヘッドは地面に置きません。

クラブと体を連結するグリップの重要性は誰もが知っているでしょうが、意外に重要なポイントが抜け落ちている人が多いです。

それは「クラブの重さ」を感じて握ることです。

グリップを作ったら、ワッグルをしながら上半身のカみをとり、下半身も動かしながら最適な重心位置を探します。

ソールをせずにテークバックを始動します。

クラブの重さを感じながら握る

グリップはスイング中、ヘッドがどこにあり、フェースがどこを向ているのか分かるように握らなければいけません。そのためにはヘッドを膝の高さに上げ、宙に浮かせたまま握ります。

そうすると左手の小指から3本のグリップ圧が最適な強さになり、スイング中でもヘッドの居所が分かります。

ここで注意したいのは、一度グリップを決めたら、始動までヘッドをペタッと地面に置かないことです。プロはソールしているように見えて、実はヘッドをほんの少し浮かせています。折角クラブの重さを感じられるグリップを作ったのに、ソールして重さを地面に預けてしまってはクラブの重さを感じられません。

どうしてもソールしないと落ち着かない人は、一度ソールしたらへッドをヒザの高さに上げてグリップを握り直し、また下ろして始動するようにしましょう。決してソールした状態からは始動しないようにしましょう。これはドライバーからパターまでどのクラブでも同じ大原則です。

ソールをして上げようとすると、そこでグリップ圧の変化が生じる。常に一定のカでヘッドを上げるにはソールしない。

ソールをしていないからヘッドがスッと上るのです。

(1)スライスで悩む人はストロンググリップがオススメ

グリップを作るにあたって、理解してもらいたいことは、クラブフェースとは物理的に必ず開いて下りてきたがるものだということです。よほどシャットで上げる人以外、基本的にバックスイングは開きながら上がっていくのでそれが戻らなくなってしまうのです。

ヘッドの重心距離によって開いて下りてくる度合いは異なりますが(重心距離が長ければ閉じる速度は遅く、短ければ速い)、ダウンスイングの前半からフェースがかぶっている人などいません。ヘッドの重心距離だけでなく、シャフトのトルク(捻じれ)も関係しますからなおさらです。だから、スライスで悩んでいる人が多いのです。

フェースが開いた状態でインパクトを迎えるのを防ぎ、球をつかまえるために、適度なストロンググリップで握りましよう。正面から左手のナックルが2つ見える程度の適度なストロンググリップで、右手と左手を正対させる握り方です。この握りはフェースの向きを感じながらスイングできるからです。

(2)グリップと前傾に相関関係がある

よく見かける突っ立った姿勢で手元が浮いたアドレスをしている人。こういう人は間違いなくウィークグリップだと思います。実際に手元が浮いた浮いたハンドアップのアドレスで自然に握ってみれば、ウィークグリップになってしまうことが分かるはずです。

逆もまた真なりで、ウィークグップで握っている人はハンドアップの構えになってしまいます。これらはいずれも球がつかまらない要因です。間違いなくいえるのは、グリップとアドレスの姿勢には相関関係があるといいうことです。

つまり、適度なストロンググリップで握れていれば、突っ立ったり覗き込んだりという間違った姿勢にならす、最適な前傾角度になります。また、球をつかまえるのに重要な手の角度も最適になるのです。

球をつかまえるためだけではない適度なストロンググリップは手首の角度と前傾角度を最適化します。

手首の角度が浅いとフェースが開いて上がりやすく、球がつかまらない。逆に深すぎるとチーピンやフックが出る。適度なつかまりを得るためには、手首の角度も適度にします。ストロンググリップの度合いを一定にすれば、手首の角度も一定になります。

(3)足裏の重心とへソ下の力感を感じる

グリップが決まったら、いよいよアドレスに入るわけですが、ここで肝心なのは、ベストの重心位置を見つけること。それはその場でジャンプしてみることです。

両足を閉じてクラブを構えた状態から垂直にジャンプします。着地するときに足を開いて自分の体重を受け止めます。その姿勢こそ、重心が理想的な位置に乗っている形です。

具体的には両足拇指球の後方、土踏まずとの境目あたりになるはずです。同時にヘソと骨盤の間、いわゆる臍下丹田のあたりに力感を感じると思います。ベストの重心位置と丹田の力感のふたつが揃っていることが、安定した構えの条件です。

この感覚を忘れずにいつでもバックスイングに移行できるように体は絶えず動かしておきましよう。ワッグルとして股関節を左石に切る動作を小刻みに行いながら、始動のタイミングを掴んでみたらよいと思います。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
ゴルフ初心者のスイングの基本をマスター
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!