この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピン傍によるアプローチウエッジの練習方法

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

ウェッジによる距離のコントロールは、それぞれのウェッジで確実に打てる距離を見付けることです。

人によって身体能力に差はあるが、ピッチングウェッジの飛距離は、ほぼ100ャード、アプローチウェッジは75ャード、サンドウェッジは50ャードが普通だろう。

しかし、こでは飛距離自体はあまり重要な問題ではない。

肝心なのは、毎回、楽なスウイングで、それぞれのクラブで確実に安定した距離のショットを打つことです。自分なりのやり方で距離を読むコツを身に着けることが必要です。

この感覚を身に着ける方法として、ピッチングを毎回2.5センずつ短く握って打ってみる。そうすれば、シャフトは事実上、徐々に短くなるから、スウイングを調整しなくてもインパクトのヘッドドスピードは落ち、キャリーが短くなるショットになります。

グリップを短くする度に、スタンスを少し狭くして、ボールを右足の方に移しても良い。このような微調整によって、異なった距離のアプローチが上手くこなせるようになるのです。

では、多彩なアプローチショットをご紹介します。

チップパット

ショートゲームを練習すれば、グリーン周りのテクニックが緊密な相関関係を持っていることがわかる。パッティングのストロークがきちんとできれば、チッピングショットは簡単です。グリーンエッジが平坦でない場合、アイアンでチップパットをすれば、ショットはパッティングのように反応するため、キャリーとランが同時に期待できます。

普通のパッティングのスタンスを取り、グリップを普通に握って、ボールを右足の前に置く。体重を左足に乗せて、ボールの近くに立つ。あとは普通のパッティングの動作を行なえばいいのです。

肩の緩やかな回転に集中しながら、単純な振り子運動の要領でクラブを自然に振ること、頭を動かさないで、ボールを前方に弾く。ボールをフェースできちんと捉えるためにフォロースルーは短く取る。ボールはグリーンエッジを飛び越えた直後にグリーンに着地し、カップまでパット並みに転がる。

チップパットでは、クラブの選択が重要です。ダウンヒルの短いショットの場合、ロフトの大きいクラブで打つが、比較的距離のあるアップヒルの場合は、7番アイアンのようにロフトが比較的少ないクラブの方がボールはグリーン上でよく転がる。いずれの場合も、グリップは5センチほど残して柔らかく握り、体と手首は使わず、腕と肩だけでストロークすることです。

チッピング

チッピングはグリーンエッジのすぐ外側から打つ、キャリーよりランが長いショットです。最初は5番ァイアンか6番アイアンから練習を始めて、後にサンドウエッジを使うことをオススメします。クラブの選択は、要求されるキャリーとランの比率によって決まるのです。

一般的には好きなクラブを2本選びます。例えば、長めのチッピングでは7番アイアン、それより短めの場合は9番アイアンといった具合です。

グリーン周りのこれらのショットをマスターするためには、本格的なテクニックを習得しなければならない。ショットをイメージすることとカップまでのラインを読むことは、ショットを打つテクニックと少なくとも同じくらい重要です。

グリーン周りで最も重要なことは、次のショットのイメージすることです。それは、ピッチング?、チッピング?、サンドショット?。

ショートゲームに最も必要なのは、臨機応変な発想力なのです。巧みなアプローチの方法を考えもせずにボールまで歩いて行って、バッグの中のクラブを闇雲に選んでショッ トするのはダメです。ふだんからじっくり練習して、その場のショットをイメージして欲しいです。

チッピングストローク練習

チップパットが使える場所は、グリーンから1、2ャード以内の範囲に限られる。グリーンからさらに離れると、チッピングショットの出番だ。チッピングは、原則的にパッティングのストロークだが距離が長くなる分、動きが大きくなり、手首の微妙な動きによって、インパクトでヘッドスピードを上げてショットの距離を伸ばすと同時に、ボールの軌道を操作することが可能になる。

正しいチッピングのストロークは、基本的には下半身の動きを抑えて、手と腕の動きを上体の動きに調和させる。この枠組みの範囲でわずかなリストアクションを加えれば、ショットの高さと距離がコントロールできる。チッピングではセットアップの姿勢が重要な役割を果たす。かなり狭いスタンスで、オープンに構える。ボールは後ろに、手と体重は前にが鉄則である。

体の回転運動はほとんど必要ないから、狭いスタンスでターゲットの方向に体を傾けて立つ。上腕部が胸に軽く乗っている感じが出れば、腕と体の結合がうまくいっている証拠です。

楽なアドレスができたら、肩を揺すってストロークを開始する。肩は緩やかに回り、腕と手は肩の動きに合わせて動く。クラブを前後に振る際、ストロークを上半身の中心部でコントロールしていることを認識する。つまり、手と手首を過度に使うことは禁物なのです。グリップを軽く握れば、手と腕はストロークの流れに従って動き、ストロークの切り返しの地点で、ヘッドの重みで手首は軽く曲がり、ストロークが滑らかになります。ボールをターフから弾いたら、フォロースルーはバックスウイングより少し短いのが理想である。インパクトで体を少し回せば、ストロークのリズムがよくなる。そして、フィニッシュの姿勢を崩さないほうが良い結果が生まれるでしょう。

ピッチング

ショートゲームの神髄は、距離のコントロール!

ピッチングショットに必要なのは、基本的には、ハーフショットを毎回同じように反復する技術であり、体のフルターンとパワーは不要なのです。

ショットは膝と大腿に支えられた上半身の回転運動でおこない、殆ど振り上げて振り下ろすだけで良いのです。

手首を正しくセットすることが、正しいピッチングのコツである。スイングの大きさと飛距離は上半身の回転の度合いで決まり、手首がクラブヘッドを正しいプレーンに乗せて振り、インパクトで本来のロフトに戻してボールをとらえることを可能にしています。

ピッチングショット練習法

ピンから50ャードほどの位置で、ピッチングウェッジでショットをします。セットアップで、腰と肩の線はスクエア(ターゲットラインと平行)で、スタンスはオープンだ。ボールは両足の中央に置き、体重は左足に乗せる。

ピッチングショットはフルスウイングではなく、インパクトで体を激しく回す必要はないから、あらかじめインパクトのポジションを作っておくわけです。準備ができたら、上半身を回して、正しいリストアクションを使ってクラブをプレーン上で振ります。スリークオーターのテークバックを取って、クラブをほば垂直に立てる。グリップを軽く握っていれば、手首はヘッドの重さで自然に正しくコックできます。

トップでクラブがほば垂直に立つと、非常に軽く感じられるます。これはクラブが正しいプレーン上にあるからです。手は胸の正面あたりに来ます。これは、腕と体が一緒に動いているからであり、正しいスウィングをしていれば、フィニッシュはこれと対称形になる。ゆったりしたリズムで、腹部をターゲットと反対側に回し、次にターゲットに向けて回せば、ヘッドを伸び伸びと楽に振る勢いが生まれます。

アプローチショットのまとめ

グリーン周りでは多様なショットが要求されるから、高いショットや低いショットはもとより、ランがよく出るショットや、よく止まるショットなどの練習が必要です。

ショットスピードは、ストロークの長さとテンポで決まり、腕は最高でほば腰の位置まで振り、ヘッドの加速度は手首の動きで微調整します。

異なった弾道のショットを打っためには、クラブの選択が重要です。

アイアンの番手が下がればロフトは小さくなり、ボールはよく転がる。ロフトの大きいクラブを使えば、ボールは上がり、ランは少なくなる。クラブを両手でリードし、毎回、きちんとコントロールされたフィニッシュの位置に収めることが必要なのです。ボールは必ずグリーンに落とすこと、そうすれば、ボールのバウンドとランの出方は、かなり予測できるでしょう。

これであなたもショートゲームがもっと楽しくなると思います!

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
ピン傍によるアプローチウエッジの練習方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!