この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンタン飛ばしのトレーニング椅子から立つスクワット

ボールを打つだけでは飛距離は伸びない!

飛ばすためには、本格的にトレーニングする必要があるんでしようね?

それはやるにこしたことはありませんが、「そんな大変なトレーニングなんて、とてもできない・・・」

これは、ほとんどのアマチュアゴルファーに共通することだと思います。

もちろん、プロはそれぞれのトレーニング・メニューにもとづいて練習をしています。

でも、そんな本格的なものでなくても、日頃ちょっとできるカンタンなトレーニングを取り入れると、飛距離は確実にアップします。

カンタンなトレーニングで、どのくらいアップするのでしょうか?

不思議なことに、アマチュアゴルファーは、

「どのくらい飛ばすんだ?おれは230くらいかな」

と飛距離には関心を大いに寄せるのに、遠くに飛ばすためのトレーニングをするのはムリ、と諦めているようです。

ゴルフのいちばんの醍醐味は、やはり、できるだけ遠くにボールを飛ばすことです。これはまた、ゴルファーたるものすべての願望でもあるはずです。私も、やはりそうです。何歳になろうが、ともかく遠くに飛ばしたい!

その次に望むことは、方向性を安定させることだと思います。フェアウェイをキープして、できるだけ遠くに、できるだけ正確に、ボールを飛ばしたい。初心者から上級者まで、誰もがこう願っているはずです。

飛距離と方向性は同時に手に入れられる

できるだけ遠くに、そして、できるだけ正確にショットしたい。

ゴルファーが強く願望する、この2つの要素は一見、相異なるように思えるのですが、実は、密接に関連しているのです。

あなたのまわりのゴルフ仲間で、遠くに飛ばせる人はたいてい、ボールの方向性もある程度安定しているはずです。

逆に、アベレージゴルファーで飛距離のでないような人は、方向性も安定していません。もちろん、何を論じる場合でも例外ということがあります、すべてがこのかぎりではありません。

運動理論からしても、遠くに飛ばせられることと、方向性が安定しているということは両立します。

つまり、遠くに飛ばせるということは、きちんと芯でボールを捉えているということであり、芯でボールを捉えているということは、クラブへッドがボールに対して真横から当たっているわけですから、ボールが真っすぐに飛ぶのは、これまた当たり前です。

でも、上級者とアベレージゴルファーには、スイングの加速度の違いがあります。

上級者はインパクト後にもボールを運ぶことができます。

ボールにさらに加速がつけられる。

飛びと方向性、この両者はどちらが優れていて、どちらを意識すればいいのか言えないのです。一方を磨けば、他方も自ずと磨かれると思ってください。

あえて言えば、方向性をよくしようとするより、遠くに飛ばそうと考える方が実戦向きではあります。確実に遠くに飛ばすことができるということは、すでに方向性もある程度しっかりしてくるということなのです。

そんなわけで、誰でもいつでもできる、より遠くに飛ばすためのトレーニングについて考えてみましよう。

着実に実践することで、あなたの飛距離は確実に伸びるはずです。

椅子から立つだけのスクワット効果

ボールは下半身のバネを使って飛ばすものです。

そのためには、当然、下半身、とりわけ膝と大腿四頭筋を鍛えなければなりません。

具体的には、膝と大腿四頭筋を鍛えるのですから、スクワット運動がもっとも効果的です。

「スクワットですか、なんだかキッそうですね!」

そう、見た目はカンタンですが、やってみるとけっこうキッいですよ。

「でも、利きそう」

そう、非常に利きます。飛距離アップには効果抜群です。

ボールを遠くに飛ばす人は、例外なく膝と大腿四頭筋の筋力が強いというか、ここを上手に使っています。

ご存じかと思われますが、スクワット運動とは、真っすぐに立ち、膝を曲げ伸ばして上下する運動です。膝を90度から160度くらいの間で屈伸するものです。

とくに、膝を曲げるときにゆっくりゆっくり体を沈みこませるようにすると効果的です。膝を伸ばすときにも、勢いをつけて体をもち上げないように注意しましましょう。

スクワットというと、バーベルを使ってする本格的な方法もありますが、わざわざ バーベルを使わなくても、自分の体重を膝に加重するだけで十分なのです。それに、ちょっとしたとき、たとえば仕事の合い間や休み時間などに10回でも、20回でも屈伸すればいいのです。

あるいは、日常の生活の中で、たとえば椅子から立ち上がるときに、意識的に膝と大腿四頭筋を使うようにするのでもいいです。背筋を真っすぐに伸ばし、どこにももたれずにゆっくりと立ち上がるのです。机に手を置いて「よっこらしょ」と立ち上がるのとは大違い。

それだけでも、下半身の筋力の衰えを防ぐことができます。

スクワットは確かに運動としてはきつい、しかし効果のほどは抜群です。たとえば、この運動を毎日50回、60回ほど続けて行けば、相当に下半身のバネが鍛えられ、飛距離が確実にアップします。

私の経験からすると、飛ばしに開眼すると、ゴルフが俄然面白くなってきます。そんなゴルフの面白さを享受するためにも、ともかく、下半身のバネを鍛えましょう。

またそれが、飛ばしへのいちばんの近道なのです。

人間は足から衰えると言いますが、実は膝と大腿四頭筋が弱くなっていくのです。

ゴルフに限らず、下半身の筋力は日頃から鍛えておくことです。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフの悩みを一発で解決する練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

カンタン飛ばしのトレーニング椅子から立つスクワット
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!