この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肩の力を抜けば飛距離が伸ばせる!

ゴルフの練習をしているとついついアドレスで肩に力が入ってしまう。

ゴルフが上手い人はアドレスで程よく力が抜けてリラックスしています。

アドレスで固くならないためにはちょっとした方法があります。

肩に力を入れずアドレスできると捻転も深くなりますし、ヘッドが走るので飛距離も出やすいです。

では、どう抜くか?

肩の力を抜いて飛距離を伸ばすには!

(1)アドレスでは体のどこかを動かす

動かないボールを打つというのがゴルフの難しさの1つです。

体も動かない状態からテークバックが始まる。

これは、静から動のゴルフの難しさですね。

従って、動かないボールを打つのでアドレスで固まりやすいのです。

ボールとにらめっこになって銅像みたいになります。

練習場でみたことありませんか?

アドレスでは体を完全に止めずどこかを動かした方が良いです。

人間の筋肉は完全に静止した状態が続くと固くなるからです。

スイングを始動するきっかけを持つと良いです。

自分に合ったスイングのきっかけを見つけてください。

たとえば、

・フォワードプレスをする
・ワッグルをする
・足をパタパタする
・グリップを左に少し押す

などです。

アドレスでは体のどこかを常に動かしてスイング始動のきっかけをつかみます。

そうすることでテイクバックがスムーズにスタートするようになります。

(2)アドレスしたら時間をかけずにすぐ打つ

アドレスをして数秒でボールを打ちます。

しかもアドレスでクラブを地面にプレスしません。

プレスしないとクラブの重さが感じられます。

クラブの重さを感じたらすぐにテークバックを開始します。

アドレスして時間をかけずにボールを打つには、
アドレスを開始したらショットを打つことだけに集中することです。

ショットの集中力が高まるとアドレスで固まらずにスイングを始動できます。

(3)ルーティンを同じリズムにする

ルーティンとはボールを打つ前の決まった動きです。

オススメのルーティンがあります。

1.ボール後方からターゲットを確認
2.ボールの弾道をイメージする
3.アドレスポジションでフェース面をターゲットにあわせる
4.アドレスでボールはプレスしない
5.  アドレスができたらさっさと打つ

実際にボールを打つのはルーティン全体のほんの一瞬です。

ルーティンを行なうメリットは、考えすぎを防いでショットに集中できるという効果があります。

「決まった動き」をいつも「同じテンポ」で「無意識」にできれば最高です。

ボールを打つときの動きが一定になると肩の力が抜けてスイングがスムーズになります。

捻転も深くなりますし、ヘッドが走るので飛距離も出ます。

あなたの飛距離はまだまだ伸びます!

応援しています。

スポンサーリンク

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフの悩みを一発で解決する練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

肩の力を抜けば飛距離が伸ばせる!
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!