この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーの飛距離をロスしている原因を探せ!

ドライバーの飛距離アップを実現させるために、必ずしなければいけないこと」とは、ズバリ、あなたにとってのドライバーの飛距離がアップしない理由を知ることです。

あなたにとっての「ドライバーの飛距離がアップしない理由」を理解し、そしてその理由をピンポイントで改善していくことが効率よく合理的にドライバーの飛距離アップを実現させる方法なのです。

もしあなたも

「ドライバーの飛距離がアップしない理由がわからない!」

と悩んでいるならこの記事を参考にして下さい。

飛距離がアップしない理由を見つけよう!

プロゴルファーやドライバーの飛距離が出る上級者は、現在の自身の状態を理解し、「なにが足りないか」をしっかり把握できています。

あなたにとってのドライバーの飛距離がアップしない理由を知ることが、ドライバーの飛距離アップを効率良く、合理的に実現させるために最初に必ずしなければいけないことです。

これは、ドライバーの飛距離アップを実現させる第一歩となり、今後上達していくための土台となり基盤となります。

あなたにとってのドライバーの飛距離がアップしない理由を知った上で、ドライバーの練習を行うことができれば、効率良くドライバーの飛距離をアップさせることができます。

では、どうすれば飛距離を伸ばせるのか?

ナイスショットが、案外飛距離が延びない原因はアドレスにあります。

体重のかけ方を左六分、右四分にすれば、クラブの始動に合わせて自然に体重が右に移動してトップも高くなり、飛距離アップにつながる。

体重を左―>右―>左と動かす。

多くのゴルフの教科書には、アドレスの際の体重のかけ方は、左四分、右六分と書かれている。

確かにボールが飛行する方向や落ちる位置がイメージできるかもしれないが、意識しすぎると右肩が下がりすぎてトップの位置が低くなりがちなので、思ったとおりの飛距離が出ない原因を作ってしまいます。。

アマチュアの多くの人は、このように右に体重を乗せてアドレスをしていると思うが、テークバックが窮屈な感じがしたら、次のアドレスに変えてみるとよいでしょう。

最初に左に体重を多く乗せてみる。

つまり、左 (アドレス) →右(トップ) →左(インパクト)の体重移動にする。

いままでにない感覚でクラブが振れて、飛距離アップにつながると思います。

この左六分、右四分のアドレスは、多くのプロゴルファーが実践している。

心がけ次第で、毎日の通勤電車の中でも、バスを待つ間の停留所でも左→右→左と動かすだけで、十分に練習ができるのではないでしょうか。

(1)正しいアドレスが出来ているかチェックしましょう。

良いショットを打つには自然体で気持よく動けるアドレスが不可欠です。

飛ばそうとして「スイング」ばかりを意識しているゴルファーが多すぎます。

アドレスを少し見直すだけで飛距離が伸びるケースは多いです。

アドレスが安定すると「芯」で打てる確率がアップします。

アドレスが正しくできたら肩の力を抜き、グリップを軽く握りテークバックを開始します。

決して腕の力で振ってはいけません。

もし、あなたが、

腕の力で飛ばそうとしている?

飛距離を伸ばそうとして、腕を早く振ろうとするとむしろ飛距離が落ちてしまう。

なぜ、腕を早く振ろうとすると飛距離は落ちるのでしょうか?

原因は「肩の回転が不足」しているから。

腕を早く振ろうとしても肩が動いていないと、腕の動きを肩が邪魔をしてしまいます。

そのため腕を早く振ろうとしてもヘッドスピードが上がらないのです。

ドライバーの飛距離をロスしている原因は?

腕の力で飛ばそうとしている!

あなたはどうですか?

多くのゴルファーが程度の差はあってもなんらかの「飛距離をロスしている原因」を持っています。

腕の力が抜ければ大幅な飛距離アップを期待できますよ。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフの悩みを一発で解決する練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

ドライバーの飛距離をロスしている原因を探せ!
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!