この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーのスピン量をおさえて飛距離アップ

バックスピンと飛距離にはどのような関係がありますか?

バックスピンはボールを浮かせる力を生みます。

バックスピンが少なすぎるとボールが上がりません。

バックスピンが多すぎるとボールが吹け上がってキャリーがでない。

適正のスピン量になるとキャリーも出て、ランも出て飛距離が伸びます。

ボールが吹け上がってランがでないという場合はスピン量が多すぎる可能性が高いです。

スピン量をおさえて飛距離アップ

ボールやクラブで飛距離も変わります。

ディスタンス系ボールはコアが柔くスピン量が減りやすいボールです。

自分のスイングにあったクラブを使うと最適なスピン量に近づけます。

ですが、道具での改善には限界があります。

スイング軌道を修正すれば適正なスピン量を期待できます。

(1)アウトサイドインになっていないか?

道具でスピン量を減らせますが限界があります。

スイングの見直しをすれば必ずスピン量は減ります。

スピン量が多い方はアウトサイドインの軌道になっていますね。

ダウンスイングで右手を使うとアウトサイドインになりやすいです。

飛ばそうとして右手を使いすぎいないか?

アウトサイドインの軌道を直すには、ダウンスイング時に右肘をボールに向けます

ヘッドはインサイドアウトの軌道になります。

(2)ドライバーの弾道はテンプラ?

クラブヘッドの上部にボールがあたるとテンプラになります。

テンプラの主な原因はドライバーをダウンブローで打っているためです。

ダウンブローでインパクトするためクラブヘッドの上部にボールがあたります。
その結果ボールが高くあがり、飛距離もでないのです。

ドライバーはティーアップして打てるので
緩やかなアッパーブローで打つのが望ましいです。

テンプラは簡単に直せます。

テンプラが多い場合、まずはティーの高さを確認しましょう。

ティーアップが高すぎるとテンプラになりやすくなります。

逆にティーが低くすぎると打ち込むスイングになりかねません。

スピン量の多いテンプラはスイング軌道にも関係します。

大半のケースはアウトサイドインの軌道になっています。

スイング軌道がアウトサイドインになると
ヘッドが鋭角に入りやすくテンプラになりやすいです。

テンプラが多い場合はスイング軌道が
アウトサイドインになっていないか確認しましょう。

アウトサイドインの軌道を直すにはビハインドザボールです。

インパクトで頭が目標方向に動くとテンプラになりやすいです。

クラブヘッドの入射角が過度なダウンブローになるからです・

ビハインドザボールをキープするとアッパーブローで打てます。

スピン量はちょっとしたコツで減らせます。

スピン量が減ればショットが安定して飛距離がのびますよ。

飛距離がでないとパーオンが減ります。

どうしてもアプローチに頼ったゴルフになります。

飛距離がでるとゴルフは面白くなります。

応援しています!

スポンサーリンク

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフの悩みを一発で解決する練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

ドライバーのスピン量をおさえて飛距離アップ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!