練習場でのアプローチのピンの狙い方

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花道からピンの手前に上手く落としたつもりが、結果はグリーンオーバーになってしまうケースが多々あります。

練習場では上手く寄っているのに本番ではオーバーしてします。

練習場の芝は柔らかいので、ピンの根元に落としてもピタッと止まってくれるが、本番のグリーンではそうはいかない。

オーバーした返しのアプローチはむずかしい。

練習場でのアプローチの練習には

本番環境との違いを理解しておく必要があります。

これを知らないと、練習が逆にアダになりやすい。

練習場のボールは、本番用のボールに比べて飛びません。

それゆえに練習場でピンの根元に落とし、ピタッと止まった感覚をコースで取り入れるとグリーンオーバーで泣きを見ることがあります。

また、練習場の芝の下地はコースのグリーンと違って柔らかい。

だから、ピンのそばに落としてもポールは止まってくれます。

最近多くなった人工芝のピンに対しての感覚は本番のコースのグリーンに割と近いですが、芝のグリーンのときに、ピンを目標にして根元に落とす練習は、グリーンオーバーのアプローチの練習をしているようなものです。

この違いを理解して、芝のグリーンの場合は、つねにピンの手前4 ~ 5メートルのところに落とす練習をオススメします。

ピンが立っていない練習場では、ネットに近い打席を選んで、適当な鉄柱をピンに見立てればよいのです。

繰り返しますが、

練習場では仮想コースをイメージして、1打1打を打つようにすれば、実戦感覚も身につきます。

ボールをいくら多く打っても、ただ打つだけでは本当のワザは身につきません。

是非、参考にして下さい。