50から100ヤードのアプローチでベタピンに寄せる

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ショートゲームはスコアアップの鍵です。

50ヤード前後の中途半端な距離を苦手としている方は意外に多いですね!

アプローチの100ヤード以内を得意になると大幅なスコアアップを期待できます。

アプローチの距離感の作り方はいくつかあります。

最も簡単な方法をご紹介します。

100ヤード以内のアプローチはスコアに大きく影響します。

是非ともアプローチの小技を習得してください。

50ヤードはベタピンを狙え!

50ヤードの距離感が合わない原因の1つがインパクトのゆるみです。インパクトでゆるむと距離があいません。

インパクトでゆるんでしまう1番の原因は、バックスイングが大きすぎるからです。

バックスイングが大きいとインパクトでヘッドスピードが減速してしまいます。これは意識として、バックスイングが大きいと反射的に「これは大きすぎる!」と無意識にインパクトで減速します。ヘッドスピードが減速すると距離感がブレやすくなります。

これではベタピンは狙えません。

バックスイングは本人が思っている以上に大きくなりがちです。これは、クラブの重さの勢いで自分が思っているより大きなバックスイングになるのです。

バックスイングの大きさを確認するには、一度、トップでクラブを止めて目で見て確認してみましょう。きっと思っている以上にトップが大きいものです。気づかないうちにトップは大きくなりやすいです。

コンパクトなトップが完成すると50ヤードのベタピンが期待できます。

100ヤード以内のアプローチの打ち方

距離が短いアプローチショットでは体重移動は不です。

通常より狭いスタンスで軸を安定させるとインパクトが安定します。

短い距離の場合は少しオープンスタンスにするとフォローを取りやすくなり狙った方向に打ちやすくなります。ただし肩、腰はスクエアにします。

100ヤード以内のアプローチでは、グリーンが視野に入り、ついついボールを上げたくなります。殆どのホールのグリーンは多少なりとも砲台になっている(打ち下ろしは別)のですくい上げるようなスイングになりがちです。すくい上げようとするとクラブヘッドがボールの手前に入りやすくなりダフリの原因にもなります。

ボールはクラブのロフトが上げてくれますので自分で上げようとしてはいけません。

とは言っても、、、

慣れないうちはボールを上げようとする動きが出てしまいます。

すくい上げを防止するオススメの方法として低いボールを打つ意識でボールを打ってください。S/WやA/Wは低いボールを打とうとしてもクラブのロフトがボールを上げてくれます。

アプローチの距離感の作り方

一番、簡単な方法として、

(1)クラブを短く持つ

あなたはSWのフルショットは何ヤードでしょうか?

個人差があるでしょうが、ここでは70ヤードとします。

この距離を基準にします。

●10ヤード短い、60ヤードを打つには、クラブを短く持ちます。

グリップする位置を移動して指2本分ほど短くもちます。

●10ヤード短い、50ヤードを打つには、さらにクラブを短く持ちます。

グリップする位置を移動して指4本分ほど短くもちます。

(2)スタンス幅と振り幅を小さくする

クラブの持つ位置がかわるのでアドレスも調整します。

クラブを短くもつほどスタンス幅を小さくしてボールにも近づきます。

アドレスが小さくなるので振り幅も小さくします。

10ヤード小さくするときはスリークオーター。

20ヤード小さくするときはハーフショット。

というように基準を見つけると良いです。

ポイントは振り幅を変えるだけでなくクラブを持つ位置とアドレスも小さくするということです。

距離の短いアプローチショットをミスをする原因の一番はインパクトのゆるみでしょう。ゆるみを防止するにはアドレスを小さくします。距離のうちわけは個人差があるので練習をくりかえして自分のものにしてください。

ま と め

50から100ヤード以内のアプローチの打ち方をご紹介しました。

(1)バックスイングが大きすぎるとインパクトでゆるんでしまう
(2)アプローチは体重移動が不要
(3)低いボールを打つイメージを持つ
(4)距離が短くなるほど「クラブの持つ位置」「スタンス幅」「振り幅」
を小さくする

100ヤード以内のアプローチはスコアの要です。

この距離を攻略すると大幅なスコアアップを期待できます。

参考になれば幸いです。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
50から100ヤードのアプローチでベタピンに寄せる
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!