メンタルトレーニングでゴルフのミスショットを減らせる!




ゴルフはミスの少ない人が勝てるゲームです。

でも、、、

「ミスをしたくない」と思うほどショットが緩みやすくミスが増えます。

では、どうすればミスショットを減らせるのか?

本日は「ゴルフのミスショットを減らす簡単な方法」をご紹介します。



ゴルフのミスショットを減らす簡単な方法

あなたは、こんな経験はありませんか?

「左の池に入れたくないな・・・左に打たないようにしよう」

「右OBが怖いな・・・右には打たないようにしよう」

しかし、

気をつけていたのに、意識するほど打ちたくない場所にボールを打ってしまう。

「ドライバー曲げないぞ・・・」

「このパットはショートしないぞ・・・」

と思っているのに、やってしまう。

なぜ、気をつけているのにやってしまうのでしょうか?

その理由と対策を知っていれば、ミスショットを減らせます。

意識しても出来ないのはなぜ?

ミスショットまではいかないけど、こんなケースもあります。

「力むな」と意識していると力んでしまう。

「ヘッドアップするな」と意識しているのに、ヘッドアップをしてしまう。

なぜ、気をつけているのにやってしまうのでしょうか?

人間の脳は否定形を実行しにくい

なぜ「ヘッドアップをするな」
と言われてもヘッドアップをしてしまうのでしょうか?

理由は脳科学の世界では解明されています。

人間の脳は「~するな」という否定形を実行しにくいからです。

ですので、

「~する」という肯定形で意識をしましょう。

「ヘッドアップをしない」

ではなく、

「ボールがあった場所を見続ける」

という意識にすると、ヘッドアップを防止しやすいです。

(1)右のOBが嫌なら・・・

右のOBが嫌な場合は、

「右に打ちたくない」ではなく、

「フェアーウェイ左サイドの、あの木に向かって打つ」

と狙う場所に集中しましょう。

OBを減らすことができます。

(2)下りパットを強く打ちたくないなら・・・

下りパットを強く打ちそうで怖い場合は、「強く打たないようにしよう」ではなく、

「カップ手前1mにボールを止めよう」とボールを止める場所に集中しましょう。

強く打ち過ぎを防止できます。

まとめ

ミスショットを減らす簡単な方法をご紹介しました。

1ラウンド中には何度も「打ちたくない場所」や「これはしたくない」という場面があります。

「~しない」という否定形で意識するか、「~する」という肯定形で意識するか。

ほんの少しの違いです。

この小さな積み重ねが、ラウンドを終えた後にスコアに大きな影響を与えます。

参考になれば幸いです。

応援しています。

スポンサーリンク