ゴルフはメンタルが大きく影響するスポーツ!

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メンタルが強くなると人に見られていても自分の実力を出せます。

トラブルにも冷静に対応できます。

結果として良いスコアを出せます。

どうすれば自信を持ってショットに臨めるようになるのでしょうか。

真剣に練習しているのに、いつまで経ってもラウンドで自信を持ってショットに臨めない!

ゴルフは気持ちが大切と思いませんか?

自信の無さというのは、様々な形でミスにつながります。

自信がないとスイングが中途半端になったりスイングリズムが早くなったりします。

自信があるとスイングを気持ちよく振り切れます。

ショットが安定しやすいです。

リズムもゆったりとしてプレッシャーにも強いです。

ちょっとしたことの積み重ねが自信に繋がります。

どうすれば自信を持ったゴルファーになれるのか?

ただ闇雲に練習をこなしていても自信は持てません。

ここで自信つけるためのコツをご紹介します。

ゴルフの自信を高めるコツ

(1)小さな目標をクリアする

小さな目標をコツコツとクリアすると自信が高まります。

たとえば

・ラウンド中は笑顔で過ごす
・背筋を伸ばして歩こう
・打つたびにルーティンを守ろう

前向きな小さな目標を立てると良いです。

目標は、
何かしないように気をつけるではなく、
何かするにした方が実践しやすいです。

小さな目標をコツコツとクリアしましょう。

(2)良いショットだけを記憶に残す

人間は感情が動くと記憶に残りやすいです。

良いショットがでたら言葉に出して素直に喜びます。
良いショットが記憶に残ります。

悪いショットがでた場合は静かに堪えましょう。

ミスをした自分を客観視します。

嬉しいショットは素直に喜び、怒りはすっと受けながす。

これで良いショットだけが記憶に残ります。

(3)ベストスコアのスコアカードを壁に貼っておく

ベストスコアを出したときのスコアカードを自宅の見える場所においておきましょう。
見るたびに自信を高めてくれるでしょう。

ゴルフには好調と不調の波があります。

良かったプレーを思い出すと自信を失わずにすみます。

(4)失敗も自信につなげる方法

メンタルの強化には「自信を持つこと」が大切です。

普通のプレーヤーは成功体験から自信を向上させます。

本当に強いプレーヤーは、成功で自信をつけるのは当然として失敗も成長につなげます。

強いプレーヤーは何かミスをした時に「あー、失敗した、駄目だなー」と考えません。

このミスは自分の技術を高める良いチャンスだなと考えます。

ミスさえも自分が成長する機会と捉えることで意欲をわかせて、自信を高めています。

(5)自信を育てる

タイガー・ウッズは強いメンタルを持つ選手として有名です。

全米プロでタイガー・ウッズは1位の選手を4打差で追いかけていました。

残り4ホールで連続4バーディーをとりましたが残念ながら優勝はできませんでした。

タイガー・ウッズは、『いざというときに、こういうことが出来るとわかるのは大いに自信が持てる』と言っています。

優勝を逃したことではなく、連続4バーディーで追い上げができた自信です。

このように「経験」に「ポジティブな意味」をつけて解釈することで自信がついていきます。

失敗は自分を成長する機会と捉え、経験にポジティブな意味をつけて解釈することでメンタルの強化に繋がります。

自分に自信を持てれば、プレッシャーがかかるショットでもいつもと同じように打てます。

緊張するパットでも安定してストロークできます。

自信が高まるとゴルフが楽しくなりスコアも良くなります。

ゴルフのメンタルを強くする方法

その方法は、自分に効果的な質問をすることです。

人間の脳は質問をされるとその回答を自動的に探し始めます。

効果的な質問をすると不安や恐怖などのネガティブな感情は弱まります。

効果的な質問にはいくつかのパターンがあります。

次の3つが特にオススメです。

「このラウンドでの私の目標は?」

「私のコース戦略の作戦は?」

「今から狙うターゲットは?」

この質問はあなたの気持ちを前向きにしてくれます。

プレーとショットに集中させてくれます。

ラウンド前やラウンド中にこの質問を自分にしてみてください。

「このラウンドでの私の目標は?」

「私のコース戦略の作戦は?」

「今から狙うターゲットは?」

集中力がアップしてスコアがよくなりますよ。

(1)「このラウンドでの私の目標は?」

ラウンド前には雑念が多いものです。

「最近、練習していなくて不安だな。」
「ライバルに負けたら悔しいな。」

など不安や雑念を誰もが持っています。

ラウンド前に自分に質問して下さい。
「このラウンドでの私の目標は?」

この質問をすると雑念が減り目標に集中できます。

(2)「私のコース戦略の作戦は?」

ティーグラウンドで自分に質問して下さい。

「私のコース戦略の作戦は?」

ゴルフの集中力を阻害するものはたくさんあります。

ギャラリーの視線を気にして
「失敗したらかっこ悪い・・・」
という不安。

前のホールのミスを思い出して
「なんであんな失敗をしたんだ!」
と悔しがる。

OB、池、バンカーが気になる場合もあるでしょう。

ティーグラウンドにたったら、次の質問を自分にしてください。

「私のコース戦略の作戦は?」

この質問であなたの意識は一瞬でコースマネジメントに向かいます。

あなたの意識から不安は消えて自動的にコース戦略に集中しはじめます。

(3)「今から狙うターゲットは?」

アドレスの前に自分に質問して下さい。

「今から狙うターゲットは?」

この問いかけがあなたの意識をショットに集中させてくれます。

あなたに忍び寄る不安な気持ちを一瞬で消し去る、最高の質問です。

ラウンド前やラウンド中に
3つの質問を自分にしてみてください。

「このラウンドでの私の目標は?」

「私のコース戦略の作戦は?」

「今から狙うターゲットは?」

自然と人の目を気にせず自分のプレーに集中できます。

スコアも良くなりますよ。

ラウンド中の不安を軽減するには?

もしあなたが、最終ホールのセカンド地点で、ピンまで残り100ヤード、距離は短いですが、グリーンの手前に大きな池があります。

ピンまで100ヤードを乗せて、2パットならベストスコアを更新です。

いつもなら簡単なショットです。

しかし池に入れてしまえば、ベスト更新には届かないです。

あなたは勇気をもってショット、、、

無事にグリーンに乗ったでしょうか?

ラウンド中に不安を感じる場面はいろいろあります。

ゴルフはメンタルなスポーツですから。

プレッシャーに負けたためにミスショットになる場合があります。

不安を克服できれば、いつもの実力をだせて良いスコアでラウンドできます。

「では、どうすれば不安を克服できるのか?」

ラウンド中の不安を軽減する2つの方法

(1)良いイメージを作ってから打つ

ショットを打つ前に失敗をイメージしないようにしましょう。

成功したショットを明確にイメージしてから打ちましょう

いつもグリーンに柔らかくおちるボールとかフェアウェイの真ん中に高い軌道で飛んでゆくボールとかを見る努力をすること。

失敗の不安が軽減されます。

(2)別のことに集中する

人間の頭は同時に2つのことを考えるのが難しいです。

「自分の課題」や「成功イメージ」などに集中しましょう。

別のことに集中すれば不安は自然と消えてしまいます。

自分の感情をコントロールする方法を知っておくといいプレーをしやすくなります。

あなたは自分の感情をどのようにコントロールしていますか?

参考になれば幸いです。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
ゴルフはメンタルが大きく影響するスポーツ!
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!