どんな状況からでも寄せワンを狙えるアプローチ

パワーで勝てない相手に技で勝つ

コースに出ると様々な状況からピンに寄せないといけません。

ボールの位置より高い位置にグリーンがある場合、低い位置にある場合、

また、
ピンが手前にある場合、奥にある場合、

バンカーを越えなければいけない状況、

2段グリーンや3段グリーン、

そして、
ボールがある芝の状態や傾斜地、
このようにコースでは様々な場面が待ち受けています。

どんな状況であれ30y以内ははピンに寄せなければなりません。

その状況や場面で一番、
効率良くリスクなくピンに寄せられるアプローチを選択しなければなりません。

アプローチのバリエーションが少ないとピンに寄せきれない場面も必ずでてきます。

球を転がして寄せるランニングアプローチ、

通常の高さでのピッチエンドラン、

球の高さを出すロブショット、

ラフからのショット、

アプローチにはさまざまな打ち方があります。

どこからでも寄せれる技術を順番に身につけていきましょう。

どうしても、
はっきりとイメージができないと
どんな場面でも
いつもの得意な打ち方で同じ球筋で
アプローチをしてしまいます。

それでは進歩がありません。

成功確率が高いアプローチを選択する必要があります。

その為には、
アプローチのバリエーションを絶対的に増やす必要があります。



50yのアプローチを紹介

50ヤードの距離を打つ際にSWを選択する人が多いと思いますが

50yアプローチは、SW以外にAWを大いに活用して下さい。

40y~50yの距離はミスの出やすい距離です。
スイングの振り幅が中途半端なのでスイングのリズムやテンポ、タイミングがなかなか掴みづらいです。

バックスングの振り幅は、人それぞれですが、だいたいSWで肩の高さ程度になります。

この振り幅が安定しないと距離は安定しません。
この40y~50yの振り幅を苦手とする人が非常に多いです。

無理にSWで50yを覚えるのではなくAWで振り幅を小さくし距離を合わせるのも有効的です。

逆に、

もう少し大きく振って50yを打ちたい!
そう思われている人はボール位置を少しセンターよりに変えて50yを打ってみてください。

ボール位置を少し左へ移すだけで距離は飛ばなくなります。
心地の良い振り幅、タイミングで50yを打てるボールポジションを見つけてください。

また、ボール位置を変えるだけで距離も、ボールの高さも変えることができます。

低いボールを打ちたいときは、ボールを右サイドにセットします。
自然とハンドファーストになります。

高いボールを打ちたいときは、ボールを左サイドにセットします。
自然とハンドファーストが解消されます。

2種類の球筋で50yを打てるようになると状況に応じて打ち分けることができます。

また、そこにSWだけでなく、AWでも50yを打てるようになれば3種類の打ち分けができるようになります。

あなたは、2つの状況ではどのよう打ち方を選択しますか??

例えば

1 バンカー越えのピンが手前の50y
2 風がアゲンストでピンが奥の50y

まず、1はボールを上げて止めたいのでボール位置は左サイドに置く打ち方が正しい選択です。

2での状況では、SWでなくAWで打つ選択が正しい選択です。

向かい風でボールが必要以上に上がってしまうと距離を合わせるのが難しくなります。

3種類の球筋で50yを打てるように練習して正しい選択をすることで、ピンによっていく確率が格段に上がります。

ただいま公開中の

アプローチ革命(公式サイト)

さまざまなシチュエーションで寄せワンを狙う秘訣を伝授してくれます。