ゴルフアプローチシングル~アプローチ革命~

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コースに出ると様々な状況からピンに寄せないといけません。

ボールの位置より高い位置にグリーンがある場合、低い位置にある場合、

また、
ピンが手前にある場合、奥にある場合、

バンカーを越えなければいけない状況、

2段グリーンや3段グリーン、

そして、
ボールがある芝の状態や傾斜地、このようにコースでは様々な場面が待ち受けています。

どんな状況であれ30y以内ははピンに寄せなければなりません。

その状況や場面で一番、効率良くリスクなくピンに寄せられるアプローチを選択しなければなりません。

アプローチのバリエーションが少ないとピンに寄せきれない場面も必ずでてきます。

球を転がして寄せるランニングアプローチ、

通常の高さでのピッチエンドラン、

球の高さを出すロブショット、

ラフからのショット、

アプローチにはさまざまな打ち方があります。

どこからでも寄せれる技術を順番に身につけていきましょう。

どうしても、
はっきりとイメージができないとどんな場面でもいつもの得意な打ち方で同じ球筋でアプローチをしてしまいます。

それでは進歩がありません。

成功確率が高いアプローチを選択する必要があります。

その為には、アプローチのバリエーションを絶対的に増やす必要があります。

アプローチこんな場所ではどんなクラブを使うのか?

アプローチでは、状況判断が重要になってきます。

アプローチの状況によってクラブを使い分けるレッスンです。

グリーンセンターにピンが切ってあるとします。

現在、ボールはグリーンわきのカラーにあります。

ボールからグリーンエッジまで3ヤードあります。

グリーンエッジからピンまで20ヤードあります。

この状況だと、どのパターンで打っていくのが一番寄りやすいかを考えて下さい。
またボールのライも考える必要があります。

現在ボールがある状況は、良いライです。

芝はふかふかです。

ただし芝目が逆目になっています。

そしてエッジからピンが遠い状態です。

これらの状況を踏まえて、状況判断していきます。

今回私が使用しようと考えているクラブは、9番アイアンです。

もしここでサンドウェッジを使用してボールを上げようとしてしまうと、寄る確率がかなり低くなってしまいます。

ウェッジで最も多いミスは、ボールの手前を打ってしまい、ザックリミスをしてしまうことです。ボールは、1ヤードくらいしか前に進まないパターンです。するとアプローチに恐怖感を覚えてしまい、結局パターを使うはめになってしまいます。

このようなミスを防ぐためには、クラブの選択を間違えないようにする必要があります。

ザックリミスをしてしまう最大の原因は、芝目が逆目になっていたからです。

もし順目だったら、クラブが滑ってくれますが、逆目だと、クラブが引っかかってしまい、ボールが跳ねたのです。結果的に、ちょっとしかボールが飛ばなくなってしまったのです。

9番アイアンを使うと、簡単に打つことができます。

短く持って、パターのように打ちます。

打ちこむのではなく、パターのようにフェイス面に乗せていく感じです。

ゆっくりとしたリズムで打ってみて下さい。

ポンと軽く打つだけで、ボールが転がって、ピンにボールが寄っていきます。

この打ち方は簡単ですので、芝目が逆目のときは、9番アイアンで転がしを試してみて下さい。状況を判断することは、アプローチ成功の50%を占めているといっても過言ではありません。

アプローチは、常に状況判断を忘れないで下さい。

アプローチをマスターすれば、あなたが全くの初心者でも本当のゴルフの楽しさを味わえます。

50yのアプローチを紹介

50ヤードの距離を打つ際にSWを選択する人が多いと思いますが

50yアプローチは、SW以外にAWを大いに活用して下さい。

40y~50yの距離はミスの出やすい距離です。

スイングの振り幅が中途半端なのでスイングのリズムやテンポ、タイミングがなかなか掴みづらいです。

バックスングの振り幅は、人それぞれですが、だいたいSWで肩の高さ程度になります。

この振り幅が安定しないと距離は安定しません。

この40y~50yの振り幅を苦手とする人が非常に多いです。

無理にSWで50yを覚えるのではなくAWで振り幅を小さくし距離を合わせるのも有効的です。

逆に、

もう少し大きく振って50yを打ちたい!

そう思われている人はボール位置を少しセンターよりに変えて50yを打ってみてください。

ボール位置を少し左へ移すだけで距離は飛ばなくなります。

心地の良い振り幅、タイミングで50yを打てるボールポジションを見つけてください。

また、ボール位置を変えるだけで距離も、ボールの高さも変えることができます。

低いボールを打ちたいときは、ボールを右サイドにセットします。

自然とハンドファーストになります。

高いボールを打ちたいときは、ボールを左サイドにセットします。

自然とハンドファーストが解消されます。

2種類の球筋で50yを打てるようになると状況に応じて打ち分けることができます。

また、そこにSWだけでなく、AWでも50yを打てるようになれば3種類の打ち分けができるようになります。

あなたは、2つの状況ではどのよう打ち方を選択しますか??

例えば

1.バンカー越えのピンが手前の50y

2.風がアゲンストでピンが奥の50y

まず、1はボールを上げて止めたいのでボール位置は左サイドに置く打ち方が正しい選択です。

2での状況では、SWでなくAWで打つ選択が正しい選択です。

向かい風でボールが必要以上に上がってしまうと距離を合わせるのが難しくなります。

3種類の球筋で50yを打てるように練習して正しい選択をすることで、ピンによっていく確率が格段に上がります。

あなたのゴルフ人生の革命になるように「アプローチ革命」が製作されています。

このアプローチ革命は徹底的に基本を練習することによりアプローチを最短でマスターすることができます。

さまざまなシチュエーションで寄せワンを狙う秘訣を伝授してくれます。

パワーで勝てない相手に技で勝つ~アプローチ革命~