フェアウェイウッドの正しい打ち方

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェアウェイウッドは、フェアウェイの芝の上にあるボールを打つクラブです。

ドライバーとは異なり、フェアウェイウッドは、アッパーブローでは打てません。

アッパーブローで打とうとすると、トップやダフリなどのミスショットになり、まともにボールを打つことはできないでしょう。

フェアウェイウッドの打ち方は、アイアンやドライバーとも異なります。

アッパーブローやダウンブローなど、上下の動きがあるスイング軌道ではなく、ソールを滑らせるようにして打ちます。

ちょうど、ほうきでフェアウェイを履いているようなイメージです。

この払い打ちがフェアウェイウッドの基本です。

そうすると、フェアウェイウッドの各番手のロフト角でボールが飛んでいきます。

もしあなたが、フェアウェイウッドが苦手だと距離の長いコースでスコアをまとめるのが難しくなります。

ドライバーでミスをして飛距離がでなくてもセカンドショットでグリーンを狙えます。

フェアウェイウッドを使いこなせるとゴルフが楽になります。

フェアウェイウッドでボールが上がる打ち方

ボールの先に葉っぱを置いて打つ練習ドリルがあります。

・ボールの横に葉っぱを置きます。

・ボールと葉っぱを一緒に打つ

をお試しください。

慣れてきたら葉っぱを置かなくても仮想の葉っぱを想像して打てますよ。

フェアウェイウッドで斜面からの打ち方

程度に差はあっても斜面から打つケースの方が多いです。

フェアウェイウッドを斜面から安定して打てるとドライバーのミスをカバーでき、距離の長いコースでもスコアを落とさずにすみます。

(1)つま先下がりは「下半身固定」

つま先下がりのショットを成功させるコツは「下半身を動かさないこと」です。
スイング軸を動かさないためにガニ股でアドレスをすると下半身を固定しやすいです。
意外と飛距離はおちません。下半身を動かさないことで捻転で飛距離がでるのです。

(2)左足下がりは「斜面なりに低いボールを打つ」

打ち下ろしのホールで多いのが左下がりのライ。
他の斜面に比べて難易度が高いです。

左足下がりのショットを成功させるコツは「斜面なりに振る」です。

・スタンスを広め
・左足体重でアドレスをする
・体重移動をせずにスイングをする

左足下がりでボールを上げようとするとボールの手前を叩いてチョロになりやすいです。
低いボールを打つイメージにすると成功しやすいです。

(3)同じ斜面で素振りをする

実際にボールを打つライと同じ斜面で素振りをしましょう。

平坦な場所で打つのとはアドレスもボールの位置も変わります。

実際にボールを打つライと同じ斜面で素振りをするとミスを防げますよ。

フェアウェイウッドを斜面から安定して打てるとドライバーのミスをカバーできます。
また、距離の長いコースでもスコアを落とさずにすみます。

参考になれば幸いです。