アイアンショットが安定するとスコアが良くなる




アイアンショットの精度は、スコアメイクの上でパターと同じくらい大きな割合を占める重要なショットです。

アイアンショットがスライスしたり、トップしたり、ダフッたりなど、スイングがイマイチ安定しないのは困りものです。ここでは安定したスイングを手に入れるためのいくつかのポイントをご紹介します。



アイアンのトップ、ダフリを防止する打ち方

ミドルアイアン、ロングアイアンでトップになるとボールが上がりません。

ショートアイアンでトップをするとグリーンを大きくオーバーしたりします。

大叩きの原因になります。

アイアンでトップになる原因はいくつかあります。

主な原因は「ボールを上げようとする動き」です。

ボールを上げようとするとヘッドの最下点がボールの手前になりトップやダフリになります。

「ボールの半分より上を打ってしまうのが、トップ」
「ボールの手前の地面を打ってしまうのが、ダフリ」

インパクトポイントがボールより手前にズレるとトップやダフリになります。

解決策はシンプルです。

「低いボールを打つ」というイメージです。

低いボールを打とうとするとすくい打ちが矯正されます。

アイアンショットのトップを防止できます。

ヘッドアップをしていないか?

スイング中にヘッドアップするのは下半身主導で打っていないからです。

スイングで力を入れるのは下半身だけで、上半身は回転するだけです。

下半身主導にするには上半身の力を抜くことです。

ヘッドアップすると上半身が起き上がります。

するとボールの上部をたたきトップになりやすいです。

トップになったら「上半身に力が入っていないか?」
をチェック。

アイアンショットが安定するドリル

アイアン8番と9番を2本用意します。

左右に一本ずつクラブを持ちアドレスをします。

2本のアイアンが並行になるように左右の親指をピタリとそろえます。

この状態でゆっくりと素振りをします。

ガチャガチャとクラブがぶつからないように素振りをします。

ガチャガチャとクラブがぶつかる場合は左右でスイングリズムがずれています。

左右のバランスが整うと1本のクラブを振っているようにスムーズにスイングできます。

左右の腕のリズムがピッタリと合えば、狙った方向にボールを打てます。

慣れないと難しいドリルですが効果はバツグン!

参考になれば幸いです!

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

スポンサーリンク

フォローする

アイアンショットが安定するとスコアが良くなる
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!



スポンサーリンク