グリーンの狙い方で3パットが減らせる!

3パットの1番の要因は、
「ファーストパットの距離が長いから」です。

アプローチでピンに近づければ
3パットを減らせてスコアが良くなります。

ショットの実力は同じでも
「グリーンのどこを狙うか?」でパット数は変わります。

3パットを減らすグリーンの狙い方

(1)上りパットを残す

パット数を減らすために重要なことは「上りパットを残す」ということです。

上りのパットと下りのパットでは難易度がまったく違います。

50cmの下りパットより3mの上りパットの方が安心して打てるでしょう。

上りパットはラインがあっていれば、タッチが強めでもカップに届きさえすれば、
カップインします。

下りパットは、ラインとタッチの両方が合っていないとカップインしません。

パット数を減らすには下りラインを残さず、上りラインを残すことが重要です。

(2)グリーンエッジまでの距離とピンまでの距離を確認

どうすれば上りのパットを残せるのか?

ピンまでの残り130ヤードだとします。

「グリーンエッジまでの距離」と「エッジからピンまでの距離」
を確認しましょう。

エッジまでは110ヤード
エッジからピンまで20ヤード

受けグリーンで上りのパットを残すには狙うべきは「110-130ヤードの間」です。

120ヤードのクラブで打てば少しショートしてもグリーンに残ります。

上りのパットが残るようになります。

少し強めに打てばピンの近くです。

グリーンのどこを狙うかでスコアは大きく変わりますよ。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク