右足体重でドライバーを振る飛距離アップ練習法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーの飛距離が出ない大きな原因?

飛ばないという事には、いろんな原因がありますが、いろんな原因によって、あるポイントがダメになっている事があります。

それが「ヘッドが走る!」という事です。

飛ばない人は、いろいろ原因はありますが、「ヘッドが走っていない」のです。

例えば、
テークバックを手で始動する事でクラブが正しく動かずにインパクト付近でヘッドが走らなくなっり、また、トップの手の形や位置により無駄な動きが多くなり、ヘッドが走らなくなったり。

多いのは、腕や上体に力が入る事でヘッドが走る軌道を邪魔されて、ヘッドが走らなくなってしまっているケースです。

ヘッドが走れば、飛距離がアップします

逆に言えば、ヘッドが走ればどんなスイングの形になっていても、まあまあOKな訳です。

もちろん効率良く、再現性を高めるという意味では良いスイングを身に付ける事がとても重要です。

しかし、スイングの形ばかりに気を取られてしまい、ヘッドが走らなくなるくらいなら、スイングの形はあまり気にしないでヘッドを走らせる事を優先させましょう。

ただ、1つ大きな問題があります。

飛ばない人、ヘッドが走っていない人というのは、ヘッドが走るという感覚がわかっていません。

今まで、ヘッドが走っていなかったので、ヘッドが走るという感覚を体感した事がないので、
ヘッドが走るという事が頭では理解できても体はわからないという状況になってしまうのです。

ゴルフのスイングは、本当に一瞬です。

だから、わからない感覚よりは、知っている感覚、今まで経験している感覚を重要視してしまい、それでスイングしてしまうのです。

まずは、ヘッドが走るという感覚を体感するという事がとても重要なのです。

ではどうやってヘッドが走るというの体感するかと言うと右足体重でドライバーを振るのです。

まずは、右足体重で振ってヘッドが走るという事を体感し、その感覚に近づけるように、普通のスイングを練習していくという事が大事なのです。

飛距離を伸ばしたいなら、ヘッドを走るという感覚を体感しよう!

ヘッドを走らせる練習方法

ヘッドが走る感覚を体感するには、「右足体重」で素振りをするのが手っ取り早いです。

いくつかのポイントを守って行うと、より体感しやすく、よりヘッドが走ります。

1、右足体重で振る

体重移動を行うと、上体が突っ込んだり、右の肩が前に出たりして、ヘッドが加速しません。

右足体重のまま振り抜くという事を意識しましょう。

スイングは、変ですが後からいくらでも修正可能です。

それよりもヘッドが加速するという事を体感する事がとても大事なのです。

右足体重のままでスイングしてみましょう。

2、ヘッドはヒザの高さくらいを通るように振る事

これは、ヘッドを加速させる動きというのは、クラブが縦の動きをする時より、横の動き、つまり、回転運動を意識した方が、よりわかります。

その為、ヘッドを本来の高さよりも高い位置で振るようにすると、楽に体感できるのです。

3、左腕リードで振る

ゴルフのスイングは、左腕リードが基本です。

しかし、ヘッドを加速させようと思っているとどうしても右手で強く振りにいってしまうものです。

そうすると自分では強く振れたような感覚になるのですが、実際には、ヘッドが加速するのを邪魔する事の方が多いのです。

スムーズに振り抜く事がヘッドを加速させるのにはとても重要なのです。

その為にも、左腕リードで振ります。

4、フォローで加速させる

ヘッドを加速させるにはフォローで振り抜きを速くする事が大事なのです。

フォローで加速、これを本当に少し意識するだけでヘッドが簡単に加速するのです。

まとめ

最初から、完璧にはできないかもしれません。

しかし、継続して練習する事によって、意外と簡単に出来るようになります。

スイングの形を重視するのではなく、ヘッドを加速させる事だけが重要です。

そういう意識がないと、大胆にスイングを行えません。

今までの自分のスイングとは違うスイングをするので、大胆に行わないと変らないのです。

素振りでいいので、大胆に、思い切って試してみて下さい。

応援しています。