アームローテーションでスライス修正

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スライスを修正するためのおススメの練習ドリルをご紹介します。

フェイス面をインパクトで開かないイメージを持って、スライスを修正していきます。

インパクトでフェイス面をスクエアに戻すためには、腕の返し、アームローテーションをうまく使いこなす必要があります。

アームローテーションをマスターするために、通常通りグリップしていただき、フェイス面を開いてアドレスを作って下さい。

通常ならまっすぐ構えていると思いますが、今回は開いてアドレスを作って下さい。

このまま打ってしまうと、当然スライスが出てしまいます。
そこでインパクト付近で、腕をローテーションさせて下さい。
これでボールを捕まえていきます。

フェイス面を開いて閉じるようなイメージを持つことで、腕がローテーションします。

バックスイングでは、フェイス面が開くようなイメージで上げて下さい。

インパクトからフォロースルーにかけては閉じていく。
開いて閉じるといった動きを大きく使って、スライスを修正して下さい。

通常のフェイス面でスライスしてしまうゴルファーは、バックスイングまでは正しいフェイス面です。

ところがダウンスイングになると、アームローテーションができずに、フェイス面が開いてしまうのです。

今回は、あえてフェイス面を開いて、それ以上開けないようにトップを作っていきます。

このドリルをすることで、左回転のボールを打つことができるようになります。

イメージが出来上がったら、通常のグリップで構えていただき、アームローテーションを入れてスイングしてください。

詳しくは動画をご覧下さい。