この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーの飛距離ロスを知ってもっと飛ばそう!

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

ドライバーの飛距離アップを望んでないゴルファーなどいないでしょう。

ですが、多くのゴルファーがなんらかの
「飛距離をロスしている原因」を持っています。

ロスの原因として多いのが、インパクトでボールに対してクラブヘッドがオープンになってしまう。結果としてボールが吹け上がり、飛距離をロスします。

これは、ダウンスイングで体が開いてしまって、アウトサイドイン軌道になっている事や、腕の力だけでボールを打ちに行くと体がボールに突っ込んでしまい、フェースが開いたままでインパクトしてしまう。

飛距離をロスしている原因は様々ですが、
原因を取り除けばあなたの飛距離はまだまだ伸びます。

飛距離をロスする原因と対策

(1)アドレスが「雑」

ゴルフでナイスショットを打つためにアドレスが大切。

良いショットを打つには自然体で気持よく動けるアドレスが不可欠です。

飛ばそうとして「スイング」ばかりを意識している人が多すぎます。

アドレスを少し見直すだけで飛距離が伸びるケースは多いです。

アドレスが安定すると「芯」で打てる確率がアップします。

良いアドレスはショットが安定して飛距離もアップします。

(2)腕に力が入りすぎ

飛ばそうとして腕に力が入っている人も多いです。

腕に力をいれれば入れるほど飛距離は落ちます。

スムーズに動かなくなり、ヘッドスピードが落ちてしまいます。

腕から無駄な力を抜けば飛距離がアップします。

(3)腕の力で飛ばそうとしている

飛距離を伸ばそうとして、腕を早く振ろうとするがむしろ飛距離が落ちてしまいます。

なぜ、腕を早く振ろうとすると飛距離は落ちるのでしょうか?

原因は「肩の回転が不足」しているからです。

腕を早く振ろうとしても肩が動いていないと、腕の動きを肩が邪魔をしてしまいます。

そのため腕を早く振ろうとしてもヘッドスピードが上がらないのです。

(4)バックスピンが多いと飛距離のロス

バックスピンはボールを浮かせる力を生みます。

バックスピンが少なすぎるとボールが上がらない。

バックスピンが多すぎるとボールが吹け上がってキャリーがでない。

適正のスピン量になるとキャリーも出て、ランも出て飛距離が伸びます。

ボールが吹け上がってランがでないという場合は「スピン量が多すぎ」の可能性が大です。

スピン量をおさえる方法

右手を使いすぎていないか?

スピン量が多い人の特徴として
「アウトサイドインの軌道」があります。

ダウンスイングで右手を積極的に使うとアウトサイドインになりやすいです。

ボールが吹け上がるという場合は、飛ばそうとして右手を使いすぎていないか?
をチェックしましょう。

左サイドでダウンスイングをすると改善する可能性が高いです。

ドライバーの飛距離を伸ばすコツとは?

飛距離は生まれつきの運動神経などの要因もありますが、飛距離を伸ばすにはちょっとしたコツがあります。

(1)右足の角度をキープ

飛ばそうとして、体をスエーしてはダメです。

バックスイングで右膝が右に流れないようにします。

アドレスからインパクトまで右膝が正面を向いた状態を保ちます。

軸がぶれないので飛距離が伸びます。

右足の内側で体重を受けるイメージです。
外側に体重が乗ったらスエーです。

スエーはダメですから、バックスイングで右足と地面の角度を変えないために
下半身のトレーニングをするのも必要です。

(2)肩を充分にまわす

バックスイング時の「捻転」を大きくすると飛距離がアップします。

捻転を大きくするにはいくつか方法があります。

・肩の力をぬく
・ゆっくりとバックスイングをする
・右肩を後ろに引く

イ・ボミ選手も右肩を後ろに引くと良いと言ってます。

捻転の大きさが1cm、2cm変わるだけで飛距離は伸びます。

是非、試してください!

多くの人が程度の差はあっても何らかの「飛距離をロスしている原因」を持っています。

あなたが飛距離をロスしている原因を見つけてひとつひとつ取り除きましょう。

大幅な飛距離アップを期待できますよ。

ドライバーのプッシュアウトを防いで飛距離を伸ばす方法

(1)インパクトで手を返すのは危険

ボールが右に真っ直ぐに飛ぶ理由は2つ

・インパクトで「フェース面が開いている」
・スイング軌道は「インサイドアウト」

インサイドアウトは良い軌道です。

インパクトでフェース面がターゲットを向いていれば、ドローボールになり飛距離がでます。

フェース面が開いているのが問題です。

ですが、、、

フェースが開いているからといってインパクトで手を返すのは危険です。

インパクトのタイミングがシビアになります。

右手を使う意識が強くなるとコックのリリースが早くなりヘッドスピードが落ちやすいです。

(2)アドレスでフェースが開いていないかチェック

右プッシュはグリップの見直しで直るケースが多いです。

少しだけストロンググリップにすると右プッシュはドローになります。

最適なグリップは個人差があります。

スイング、アドレス、体格などにより変わります。

クラブの進化、スイングの進化でも変わります。

少しずつ微調整して、あなたにとって最適なグリップを見つけて下さい。

右プッシュになる場合は、「少しストロング」にするとドローになりますよ。

(3)ストロンググリップが主流

クラブの進化により以前よりストロンググリップの選手が増えてきました

ストロンググリップにしてインパクトでは手をかえさずインサイドアウトで振り抜く。

最近の大型ヘッドのドライバーは、ストロンググリップにすると飛距離がでてショットも安定しやすいです。

右プッシュになる場合は、グリップがウイークになっているケースが多いです。

インパクトでの「手の返し」を絶対にするなというわけではありませんが、右プッシュになる場合は、「アドレス時のグリップがウイークになっていないか?」を最初にチェックしましょう。

右プッシュになる場合は、「少しストロンググリップ」をお試しください。

ドローボールになり飛距離が伸びる可能性が高いです。

「グリップを変える」のが怖いなら「いつもより少しフェース面をかぶせてグリップをし直す」という方が実践しやすいです。

ダメなら元に戻せばいいだけです。

飛距離が伸びるとセカンドショットで短いクラブを使えます。

パーオン率が増えてパー、バーディーを狙える「攻めのゴルフ」ができますよ。

応援しています!

スポンサーリンク
ドライバーの飛距離ロスを知ってもっと飛ばそう!
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!