臍下丹田に力を入れてドライバー飛距離アップ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽く振っても飛距離が出るドライバーの打ち方

軽く振った方が飛んだ!
という経験はありませんか?

「無駄な力み」をとれば飛距離が伸びてショットも安定します。

どうすれば「無駄な力み」は取れるのでしょうか。

力みを取る方法はいくつかあります。

簡単ではないけど打ち方をご紹介します。

(1)両足をしっかりと踏みしめる

力まないためには、手や腕の力を抜くことがポイントですが、意識してもなかなか上手くいかないものです。

そんなときは、意識する場所を変えてみましょう。

意識を腕や手ではなく、
「臍下丹田」を意識します。

「臍下丹田」に力をいれると自然と上半身の力が抜けていきます。

(2)アドレスの時間を短くする

アドレスで構えてからの時間が長いと徐々に力が入ってしまいます。

アドレスの時間が短い方が飛距離はでるものです。

「サッと構えて、サッと打つ」

プレーも早くなりますし、メリットは多いです。

アドレスの時間を短くするようにルーティンを見直してみませんか?

(3)トップでクラブの重さを感じる

「クラブの重さを感じる」

トップでクラブの重さを感じられない場合は、力んでいる可能性が高いです。

腕の力ではなく、肩の回転や背筋でバックスイングをします。

腕は余計なことをしない。

腕に力が入るとクラブの重さを感じることはできません。

軽く振って飛ばすためには、クラブの重さを感じられるトップが必要です。

筋肉が早く動くためには筋肉を緩めないとダメです。

力を入れた状態では身体は素早く動けません。

スイングリズムを改善して飛距離アップ

飛距離がでるゴルファーはスイングにリズムがあります。

スイングのリズムが良いと、

・ショットが安定します
・飛距離が出ます
・スイングに悪い癖があってもナイスショットを打てます

飛距離アップするスイングリズムをご紹介します。

(1)トップに”間”を作る

ゴルフが上手い人は、トップに”間”があります。

松山英樹プロもトップに”間”が有ります。

トップで慌ててダウンスイングを開始せず”間”を取るとリズムが整いやすくなります。

多くの場合、自分では「ゆっくりすぎるかな?」というくらいが調度良いです。

練習では極端に間を多めに取ってみてはいかがでしょうか。

(2)いろいろなスイングスピードを試す

自分の体感で結構です。

スイングスピードを50%、70%、90%、120%・・・

というように、複数のテンポを試してみます。

その中で「一番気持ち良いテンポ」を探します。

殆どの場合、「一番気持ち良いテンポ」が一番スイングが安定します。

芯で打てるようになり、飛距離も伸びます。

(3)左腕の片手素振りでリズムをリセット

飛ばそうとすると本人が気づかないうちにスイングリズムが早くなります。

早くなったスイングリズムをリセットするには「左腕の片手素振り」がおすすめです。

早くなりがちなリズムのリセットは、スイングのバランスを最適化する効果があります。

なんかリズムが早くなってきたかな?
と感じたら左手の片手素振りをしてみてください。

スイングリズムを元に戻せます。

スイングのリズムが良いとショットが安定して飛距離が出ます。

参考になれば幸いです。