前傾姿勢をキープすればドライバーの飛距離は伸びる

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフは飛距離が出ると有利です。

ドライバーの飛距離アップを望む人はとても多いと思います。

それと同時に、「飛距離アップは難しい」「どうすればいいのかわからない」と考えている方も多いようです。

しかし、実は飛距離アップをすると言うことは、そんなに難しい事ではありません。

コツさえ掴めば、20ヤード~30ヤード程度の飛距離アップは誰でも実現出来ます。

ここでは、飛距離アップに必要な2つのポイントを紹介します。

上半身の起き上がりを防ぐ方法

飛距離がでる人はスイング中に前傾姿勢をキープできています。

前傾姿勢をキープできると

・ショットが安定します
・飛距離がのびます

飛距離が出ない人は、インパクト時に上半身が起き上がって前傾角度が変わってしまうケースが多いです。

アドレスの際に作った前傾角度はトップからフィニッシュまで変えない。

多くの人はインパクトで上半身が起き上がります。

(1)前傾をキープするドリル

・壁にお尻を付けた状態でアドレス

・常にお尻の一部分が壁から離れないようにしてシャドースイング

インパクトでの起き上がりを防止できます。

練習場では柱、壁、ゴルフバック、椅子の背などを利用すると良いでしょう。

前傾姿勢のキープを出来ていない人はとても多いです。

前傾姿勢をキープできると、ショットも安定して飛距離がのびます。

狙った方向に正しく構える方法

アドレスで右を向くとスイングも狂いやすい。
アドレスで右を向く癖があるとドライバーは右OBになりやすい。
グリーンを狙ったショットは右に外すと右バンカーに入りやすい。

など、、、

せっかくスイングが良くても狙った場所に打てません。

アドレスが右を向くだけでいろいろな問題が発生します。

  • アドレスで右を向くと左にボールを打ちたくなります。
  • 無意識のうちにアウトサイドイン軌道になりやすいです。
  • ボールの位置もズレやすいです。

正しい方向にアドレスする簡単なコツ!

とっても簡単な方法です。

スパット(目印)をボールの前後で2箇所見つける

ボールから目標方向に50cmほど離れたところにスパットを見つけます。

スパットとして利用するものは、ディボット、色の違う芝、小枝など、落ち葉などなんでもいいです。

スパットを利用すると、目標方向に正しくアドレスをしやすくなります。

さらに、

目標方向とは逆側にもスパットを見つけます。

2つのスパットの間に、ボールがあるようにします。

ボールをはさんで2つのスポットがあると正しい方向にアドレスするのがとても簡単になります。

狙った方向にアドレスできると、ショットも安定して飛距離がのびます。

応援しています!