正しいテークバックはどこに上げる?




正しいテークバックはどうしたらできるの?

上半身や手からテイクバックを始動することの弊害は色々あります。

極力、腕の意識を持たないようにすることが、良いスイング、良い結果を導く近道になります。

腕に余分な力も入らず、トップの位置も気持ちの良い場所に収まることでしょう。



正しいテークバックを身に付ける

静止状態から動き出すテークバックの始動は、「始動は真っすぐ引け」とよく言われますが、その「真っすぐ」ってどの方向なのか?

レッスン書にはテークバックの上げ方についてろいろと説明されています。

皆さんの中でも、テークバックの形や高さにこだわり、かなりの時間を割いて練習している人も多いのではないかと思います。

しかし、 ゴルフにおいて最も重要なスイングプレーという点から考えると、テークバックそのものには実はさほどの重要性はないのです。

クラブは動き出した瞬間からそれ自体が行きたがる方向を持っています。

実際にボールを打つ際に重要になるのはダウンスイングに入ってからのクラブの動きなのです。

つまりスイングプレーンはダウンスイングに入った瞬間から発生するのです。

ですからテークバックは、プレーン上にクラブを下ろしてくるための準備段階ということになり、いってみれば助走のような役割のものなのです。

では実際にはどのようなテークバックの上げ方があるか見て行きましよう。

これは大別するとアウトサイドバックインサイドバックストレートバックの3タイプになります。

一般的にはクラブを上げたとおりに下ろしてくるストレートが理想的といわれています。

しかしプロを見ても、アウトサイドタイプに池田勇太、インサイドタイプに小田孔明という選手がいます。

このことはストレートバックでなくても構わないということを証明しているのです。

テークバックは形が重要ではないのです。

クラブの下ろしやすさを得るためにどこに上げるかという発想に転換し、個性があっても気にする必要はないのです。

もしテークバックの上げ方を悩んでいるのであればストレートに上げてみればよいと思います。

ストレートバックを身に付けるドリルを紹介します

ドライバーを極端に短く持ち、グリップエンドをお腹に当てたまま、体の回転だけで始動してみましょう。このときヘッドが動く方向がストレートバックです。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク