腕やリストの動きを覚えるスプリットハンド・ドリル

正しいスイ ングプレーンを作る上で大変重要なのは腕やリストのアクションです。

これらを身につけるのに効果的な練習法を紹介します。

左グリップと右グリ ップを10㎝くらい離してグリップしてボールを打ちます。

うまく打てるようになったら、この両手の間隔を徐々に狭めながら打ちます。

そうやって指1、 2本の間隔になるまで練習します。

このドリルでナイスショットが打てるようになったら、べースボールグリップにして打ちます。そして、そのあとに自分のグリップに戻します。

これは一般的にスプリットハンド・ドリルといいます。

はじめの10cmの間隔はあまり手と手の間を開けすぎないようにします。

はじめの10cm間隔で当たるようになったら少し狭め、それがうまく行ったら次、というようにそれぞれの過程でボールがいい感じで飛んで行くのを急がず、じっくり練習してください。

べースボールグリップも自分のグリ ップ探しへの大切な手順と認識してください。

このステップを踏んで行くことが大切です。

この過程が練習と本番をつなげます。

その間に腕の動き (アーム・ローテーション) とリスト ・アクションがしつかりと身についてきます。

よいスイングプレーンを身につけるのに大変有効です。

応援しています。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク