この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

右腕によってできるヒンジでヘッドを加速する

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

左腕は伸ばしたまま、右腕によってできるヒンジを使ってクラブを上げ下げする。

世界のトップクラスの選手のスイングを見ていると、
ゆっくり振っているように見えて、実際にはヘッドスピードが速いですね。

どこが速いかといえば、腰から先が速いのです。

スイングのトップから腰のあたりまではゆっくり下りてきて、腰のあたりから一気にヘッドが加速されます。

ヒンジとは、手首を横に曲げる動きの事です。

正しいヒンジの動きは、左手首は手のひら側に曲がる動き、右手首は甲側に曲がる動きとなります。左手をフックグリップに握るためにできた、甲側に折れた、逆ヒンジの角度をテークバックで手首の自然な角度、真っすぐに戻すだけになります。

左手首の甲側に曲がる逆ヒンジの動きは、正しい動きのヒンジではなく、あらゆるミスショットの原因となります。アドレスからトップ、ダウンスイングまですべてにおいて、左手首が甲側に曲がる動きは間違った動きとなります。

では、そのヒンジはどうして生まれるか?

素振り用のクラブか短いクラブを使います。

前傾せず、まっすぐ立って、胸の前でクラブを構えます。
そこからゆっくりバックスイングします。
右腕のひじや手首が折れて、クラブが背中側に回っていきます。

右腕を曲げたまま、両腕を前に戻してみると、クラブヘッドはまだ右にあります。
これが「ヒンジ」です。

左腕は伸ばしたまま、右腕によってできるヒンジを使ってクラブを上げ下げします。

インパクトの直前まで閉じていたヒンジを、右腕を一気に伸ばしてリリースすることで、ヘッドが加速するのです。

ヒンジの使い方が参考になる動画がありました。
是非ともヒンジの使い方を習得して飛距離アップに繋げてください。

少し音声が悪いですが非常にためになるヒンジの説明がされています。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
右腕によってできるヒンジでヘッドを加速する
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!