ショートアイアンのひっかけを防ぐ

ショートアイアンのひっかけが多い・・・

この悩みを持っているゴルファーは多いです。

あなたも同じような悩みを持っているかもしれませんね。

ショートアイアンのミスはスコアダウンに直結します。

ショートアイアンで狙った場所に打てると大幅なスコアアップを期待できます。

ショートアイアンのひっかけを防ぐ方法

(1)ショートアイアンは距離感

ショートアイアンで100%のフルショットをしていませんか?

ショートアイアンは狙った場所に打つクラブです。

SWやPWで遠くに飛ばしても意味はありません。

飛距離をおさせて狙った場所に打つ練習をしましょう。

ショートアイアンは飛距離よりも距離感です。

縦の距離も、横の幅も狙った場所に打つという練習をすると良いです。

コースではショートアイアンのフルショットは必要ないです。

(2)スリークォーターで打つ

スタンス幅を狭くして、トップとフォローの位置をフルショットより低めにおさてスリークォーターで打ちます。

スリークォーターで打つとインパクトゾーンが安定し、フェースの向きも安定します。

フィニッシュの位置を低めにおさえるとひっかけを防止できます。

(3)1番手上のクラブでショット

元々ショートアイアンはひっかけが出やすいクラブです。

強めのフルスイングをするとひっかけになりやすいです。

1番手上のクラブでショットするのも良い方法です。

たとえば、PWのフルスイングでギリギリの距離なら
9番アイアンで8割のスイングをします。

大きめのクラブで方向性重視のショットをすれば狙った場所にボールを運びやすいです。

いつも100%のフルスイングの練習だけでなく、コントロールショットの練習をしてみて下さい。

本番に強くなってスコアアップにつながりますよ。

ショートアイアンを狙った場所に打てるようになるとスコアが良くなります。

本番に強くなるのでスコアアップが期待できます。

応援しています!

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク