この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイアンが格段に上手になるダウンブロー!

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

アイアンはきれいな『ダウンブロー』で打てるようになれば、正確にボールが運べてスコアは激減します。

ダウンブローとは何か?

ダウンブローとはスイング軌道の最下点に達する前にクラブヘッドがボールに接するショットです。ダウンブローだけがアイアンでナイスショットを打つ方法です。

ゴルフスイングは下向きにボールを打つもので、すくい上げる打ち方は無いのです。

ダウンブローのメリットは

・ダフリやトップになりにくい
・距離が安定する
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる
・打感が良い

など、、、スコアアップのために多くのメリットがあります。

ダウンブローの打ち方

(1)ボールを上げようとしない

ボールを上げようとするとすくい打ちになりやすいです。

「すくい打ちは」はコースに出るとダフリになります。

ボールを高く上げたいという思いが強くなると体重が右足に残りやすくなります。

すくい上げるようなスイングになり最下点がボールの手前になります。

練習場では、ティーアップしたボールを打つとよいでしょう。

(2)「打ち込む」という意識はダメ

ダウンブローに打とうとすると上から鋭角に打ち込もうとしがちです。

打ち込むインパクトはインパクトゾーンが短くなりショットが安定しません。

手首を痛める原因にもなります。

(3)アイアンの重さを利用する

トップからアイアンは重力により落ちようとします。

クラブの重さを利用すると力強いインパクトをしやすくなります。

(4)左足を踏み込む自然な体重移動をつくる

トップから左足を踏み込むと体重が自然に左足に移動します。

体重を左足に乗せながらインパクトします。

インパクトで左足に体重が乗ると力強いボールを打てます。

(5)左足踏み込み素振り

左足で踏み込む動作を覚えるオススメのドリルがあります。

「左足踏み込み素振り」です。

ボールが目の前にあると「ボールを打つ」という意識が強くなりやすい。
なので、素振りで動きを身につけます。

・バックスイングで左足のかかとを少し上げます

・ダウンスイングで左足を踏み込みます

・フォローで左足1本に体重を乗せます

スムーズな体重移動とクラブの重さを活かしたスイングが身につきます。

ボールを打つ場合は、「素振り」と「ボールを打つ」を交互に行なうと効果的です。

左足体重でインパクトを身につけるとアイアンショットが安定しますよ。

応援しています。

スポンサーリンク
アイアンが格段に上手になるダウンブロー!
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!