ドローボールの打ち方

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローボールとは回転によってボールが右から左へ大きく曲がるような軌道を描くことであり、ドライバーショットでこのドローボールが打てれば相当な飛距離が期待できます。
ゴルファーの誰しもが、コントロールの利いたドローボールで豪快に飛距離をかせぎたいと思うのはあなただけではありません。

ドローボールを打つための練習方法

ドローボールとは、ターゲットラインより右に出た後、左へカーブして戻ってくるボールのことです。

ドローで打ったボールは、適正なスピンがかかることで、着地後に転がるボールです。一般的なショットよりも飛距離の出る強いボールといわれている、ゴルファー憧れの弾道です。

ここではドローボールを打つ前提条件を説明します。

(1)グリップ

グリップですが、スクウェアグリップがドローボールを打つには適しています。

巷には、ストロンググリップに握りなさいと教えていますが、ストロンググリップは左に曲がりやすい握り方です。ストロンググリップで更に左に曲がるドローボールを打っていくと、大きく左に曲がってしまう危険性があります。

ここではスクウェアグリップをしっかり身に付けていきましょう。

(2)スタンス

ドローボールを打つ時のスタンスの向きは、ターゲットに対して少し右に向けていきます。
この時フェースの向きはターゲットに対して真っすぐ向けるというのがポイントです。

なぜスタンスを少し右にむけるかというと、ドローボールは左に曲がっていくボールなので、真正面から打つと、左に曲げすぎてしまう可能性があります。

そこで、右にボールを打ちだして、少し左に曲げる、ということが最大の飛距離に繋がっていきます。

(3)バックスイング

ドローボールを打つ時のバックスイングは、ターゲットライン上に上げていくようにします。

ドローボールを打つ時のスタンスは、ターゲットラインより少し右側を向いていますので、ボールに対して内側に上がっていきやすくなりますが、逆に外側に向かって上がっていくようなイメージで振っていきましょう。

(4)切り返し

切り返しでは、ややインサイドからクラブを降ろしてくることが大事です。

手が身体から離れて振り下ろしてしまうと、アウトサイドインというスライスが出やすい軌道になってしまうので気を付けましょう。

イメージとしては、切り返しでグリップが円を描くスイングをしてみます。すると、自然とインサイド気味のスイング軌道になるはずです。

(5)インパクトの胸の向き

胸の向きは、少し右を向いた状態でインパクトを向かえましょう。

クラブは胸の向いている方向に振りぬかれやすいので、胸を左に向けていると、ボールが左に飛び出しやすくなってしまいます。

ドローボールとは左に曲がっていくボールなので、左に向けて打つのではなく、右に向けて打てるようにしていきます。

ポイントは、左の頬が切り返しから早い段階でターゲットの方向を向こうとしてしまうと、自ずと体も開いていってしまいます。左の頬を切り返しの位置から角度を変えないように下ろせれば、自然に肩のラインが閉じた状態でインパクト出来ます。

(6)フィニッシュ

打った後、フィニッシュでしっかりと体重を左に乗せて、バランスよく立っていることが非常に大事になっていきます。

フィニッシュがフラフラしてしまったり、右足に体重が残っていると、上手く体重移動が使えていないことになります。ここでオススメは、必ず3秒止まるフィニッシュを自分で作ってみてください。

ドローボールは身体全体を使ったスイングをするようにしてください。
手だけで打とうとすると、左へ打ち出してしまう、いわゆる引っかけボールが出てしまいます。しっかりと振り切ることで、きれいなドローボールを打つことができます。

応援しています。