上りの1メートルのパットは”強打〃する

上りの短いパットをショートするのは最悪です。

ところが、高速グリーンで下りのファーストパットを1メートルオーバーすると、返しの1メートルは、ほぼストレートな上りのラインだというのに、これをショートしてしまうのである。

上りのショートパットは、少々曲がりそうでも、 ストレートに狙って強打したほうがいい。



パッティングで最も易しいのは上りのショートパット

理由はふたつある。

(1)上り斜面にカップが切ってある

カップの向こう側の壁が手前より高くなっています。つまり、平らなライなら、勢い余ってカップの向こう側に飛び出してしまうような強めのパットでも、上り斜面なら向こう側の壁が高くなっている分、そこに当たってカップインしてくれる可能性が高いといというわけです。

(2)カップ周辺のグリーンは、荒れている

カップ周辺のグリーンはボールを拾い上げるプレイヤーに踏みつけられて荒れていることが多いです。こうした場合、ジャストタッチのストロークで打っと、最後の最後にカップの縁(ふち)で止まってしまったり、意外な切れ方をしてしまうことがあります。

というわけで、上りのショートパッ トは、1メートルぐらい、オーバーさせるつもりで打って丁度いいのです (上りだから、実際はそこまでオーバーしない)。

強打するのだから、少々曲がりそうなラインでもストレートに狙うことです。

1メートルでも、ライン上の″中間点″を見つける

1メートルのパットと50センチのパットでは、カップインの確率はかなり違う。

1メートルを3回に1回は外すゴルファーでも、50センチはまず外さないはずである。
そうであれば、1メートルが苦手な人は、50センチのパットだと思って打てばいいのです。

方法は簡単です。
ライン上にかならずボールが通過するはずの中間点を見つけ、そこだけを狙って打てばいいのです。

もちろん、ストロークの振り幅は1メートルをオーバーさせるつもりでなければならないけれど、とにかくその中間点さえボールを通過させれば、あとは黙っていてもボールはカップインする。そう信じて打てば、1メートルのパットが50センチのパットになるのである。

中間点を設定するのは、ストレートなラインでも同じことです。1メートルのストレートなラインというと、「入って当たり前」というプレッシャーに負けて外してしまう人が多いが、50センチのストレートラインなら、OKパ ットのつもりでストロークできるはずです。

参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

アイアンをダウンブローで打ちたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

7番アイアンをダウンブローに打つ練習方法

是非、試してください。



スポンサーリンク