パッティングの始動のきっかけ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■フォワードプレスの利点とは

ゴルフが難しいのは、「止まっているボールを打つ」ゲームだから、とよくいわれます。ボールが止まっていると、ゴルファーは打っ前にあれこれ余計なことを考えてしまう。

しかも、いざ打とうとすると、そのきっかけがなかなかっかめず、ギクシャクした動きになってしまうのです。

たしかに、 ゴルフのスイングやストロークを「静から動」の動きだと考えると、ゴルフは難しくなります。ためしに、身体のどの部分も一切動かさずにパッティングしてみ れば、その難しさがよくわかるはずです。

ですから、ゴルフの名手たちは、パッティングにおいても「静」の状態をつくってはいません。

たとえば、 パ ッティングのバックストロークを開始するとき、フォワードプレスといって、グリップをターゲット方向に少し押し出す。その動きをきっかけにしてバックストロークを始める。

フォワードプレスすると、グリップの位置がボールより左にくるが、これもストロークを安定させるうえで効果があります。なぜなら、パッティングではグリップの位置がボールより右にあると、けっしてうまくストロークできないからです。

■始動の前にヘッドを上下させてみる

パッティングのバックストロークをスムーズに始めるためには、「静」の状態をつくらないことが肝心でしょう。 つまり、「静から動」ではなく、「小さな動から大きな動」 へ移行です。そのためには、フォワードプレスの他にもこんな方法があります。

ひとつは、パターヘッドを小さく上下させる方法。 松山秀樹プロのパッティングを見ればタイミングを合わせるよにしてパターヘッドを小刻みに上下させています。

このほか、グリップの一番上にある右手の親指を上下に細かく動かしたり、端からは見えなくても靴のなかで足の指を小さく動かしていたり、プロはたいてい身体のどこかを小さく動かしています。

パッティングのアドレスでは、脚や腰、上半身、頭など、身体の大きな部位はけっして動かしてはだめです。必然的に、動かして良いのは身体の小さな部位に限られます。

あなたも自分の感覚にもっともぴったりくる”小さな動”を見つけてみてはいかがですか。

参考になれば幸いです!