アプローチ80ヤード以内の距離を打ち分ける方法

どうすれば80ヤード以内の距離を打ち分けられるのか?

80ヤード以内のショットがピンを刺せばスコアは格段に伸びます。

私は75ヤードが得意です。

何故なら、毎日通う練習場の旗が75ヤードなので一日50~100球ぐらいは58°のウエッジで狙ってます。

70~80ヤード以内の距離を正確に打てればシングルに到達します。

ゴルフ上達への近道は、80ヤード以内の距離を正確に打ち分ける!

80ヤード以内の距離を正確に打ち分ける方法

アプローチもパターと同様に距離感が必要です。

距離感を出すには2種類の方法があります。

「視覚派」と「振り幅派」です。

因みに、私は「視覚派」です。

(1)視覚派の距離打ち分け

「視覚派」は距離を目でみた「感覚」で打ちます。

落とし所をみながら素振りをしてイメージで距離感をあわせます。

頻繁にラウンドをする人は、「視覚派」の打ち分けがオススメです。

(2)振り幅派の距離打ち分け

「振り幅派」は振り幅によって距離を合わせます。

腕を時計の針に見立てて、4種類の振り幅でボールを打ちます。

たとえば、私の場合、58°のウエッジでは、

・8時ー4時の振り幅は30ヤード
・9時ー3時の振り幅は50ヤード
・10時ー2時の振り幅は65ヤード
・11時ー1時の振り幅は80ヤード

クラブを変えて、AW、PWでも振り幅でボールを打ち分けられます。

但し、AW、PWはボールのキャリーが58°のウエッジと違います。

AW、PWのキャリーとランの違いを確認しなければなりません。

ボールの落とし所によってはランが多くなったり、減ったりします。

ラウンド経験が少ないとキャリーとランの距離の確認が難しくなります。

私のオススメは56°のウエッジ1本で距離を打ち分ける!

80ヤード以内の距離を正確に打ち分ける方法は、

「視覚派」と「振り幅派」のどちらの方法で距離を打ち分けても良いです。

ただし、ラウンド数が少ない人は、振り幅で基準を作る方法をオススメします。

ゴルフは80ヤード以内のプレーを磨くです。

大幅なスコアアップを期待できますよ。

ゴルフ上達への近道

多くの人が80ヤード以内のショットでスコアを損しています。

大切なのはアプローチの距離の基準と距離感です。

毎回同じ距離を打てるならベタピンを狙えます。

多少、距離がぶれても平均飛距離を確認しておけばグリーンを外す確率が大きく下がります。

80ヤード以内は少なくともグリーンにのせられる

「調子がよければベタピンにできる」

これで大幅なスコアアップを狙えそうですね?

応援しています!

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク