飛距離アップにはヘッドスピード?ミート率?






ヘッドスピードと飛距離の目安

ヘッドスピードの5.5~6倍が飛距離の目安と言われています。

ヘッドスピード39m/sなら
234ヤードの飛距離をだせるわけです。

ヘッドスピード45m/sなら
270ヤードの飛距離をだせるわけです。

あなたのヘッドスピードでどのくらい飛びますか?

飛距離を伸ばす3つの要素

飛距離を決めるのは3つの要素があります

・ボールの初速
・打ち出し角度
・バックスピン量

この3つが最適な値なら、ヘッドスピードはそのままで最大の飛距離をだせるわけです。

飛距離をだす効率の良さの目安として「ミート率」という数値があります。

ヘッドスピード×(ミート率)=初速
初速× 4 =飛距離

という関係にあります。

プロとアマチュアはミート率が違う

「なぜ女子プロはヘッドスピードが遅いのに飛ぶのか?」

「なぜ男子プロは300ヤードも飛ばせるのか?」

その秘密は「ミート率」にあります。

ちなみにアマチュアとプロのミート率を比べると
次のようになります。

・一般的なアマチュア 1.3

・トップアマ 1.4

・プロゴルファー 1.4~1.5

ミート率を1.5に近づけるほど飛距離が伸びるわけです。

あなたのミート率どのくらい?

(1)ミート率が1.3なら

39m/s×1.3(ミート率)×4=203ヤード

41m/s×1.3(ミート率)×4=213ヤード

43m/s×1.3(ミート率)×4=224ヤード

45m/s×1.3(ミート率)×4=234ヤード

になります。

(2)ミート率が1.5なら

39m/s×1.5(ミート率)×4=234ヤード

41m/s×1.5(ミート率)×4=246ヤード

43m/s×1.5(ミート率)×4=258ヤード

45m/s×1.5(ミート率)×4=270ヤード

になります。

飛距離を伸ばすには?

もしあなたのミート率が1.3かそれ以下なら飛距離を伸ばすにはヘッドスピードを上げるより、ミート率を高める方が近道です。

多くの場合、

ヘッドスピードを上げるよりも、ミート率を上げる方が飛距離アップの近道です。

ミート率を上げるにはどうすれば良いのか?

こちらでミート率を上げるオススメの方法を紹介しています。

スイングをかえず、ヘッドスピードも今のままで飛距離を大幅に伸ばすことは可能です」

今よりドライバーの飛距離が30ヤード伸びたあなたは!

セカンドショットで短いクラブが使えます。

パーオンが増えて大幅なスコアアップを期待できます。

応援しています。

スポンサーリンク