フェアウェイウッドのトップ・チョロ・ダフリを防ぐ方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェアウェイウッドのトップ・チョロ・ダフリに悩んでいる方が多いです。

フェアエーウッドがボールの頭を叩いてしまいなかなかボールが上がりません。

フェアウェイウッドが苦手だと距離の長いコースでスコアをまとめるのが難しくなります。

フェアウェイウッドを使いこなせると、ドライバーでミスをして飛距離がでなくてもセカンドでグリーンが狙え、ゴルフが楽しくなりますね!

フェアウェイウッドのミスを防ぐ方法

フェアウェイウッドのミスはトップ・チョロ・ダフリが多いですね。

トップになる原因は、スイングでボールを上げようとしているからです。

それは、ボールを上げようとするとダウンスイングで左肩が上に上がり、体が右に傾き、アッパースイングになり、「ダフリ」「トップ」になってしまいます。また、クラブフェースの下でボールを叩くとチョロになります。

フェアウェイウッドでミスショットになる原因

主な原因は、、、スイング軌道がアッパーブローになっているというものです。

その理由は「ボールをあげたい」という心理が働くためです。

フェアウェイウッドはドライバーと形状が似ていますので、そのためドライバーと同じイメージでスイングをしてしまいます。

しかし、

フェアウェイウッドとドライバーではボールの状況が大きく違います。

ドライバーはティーアップしてボールを打てるので、アッパーブローのスイングでナイスショットを打てます。

しかし、

フェアウェイウッドを使うときは地面にあるボールを打つケースが多いです。

地面の上にあるボールをアッパーブローに打つのは非常に難しいです。

フェアウェイウッドのトップ・チョロ・ダフリを防ぐ方法を紹介します。

フェアウェイウッドのトップを防ぐ方法

(1)ロフト角が多めの優しいフェアウェイウッドを選ぶ

「フェアウェイウッドが苦手」という場合は優しいクラブを選ぶようにしましょう。

優しいフェアウェイウッドを選ぶポイントは単純です。

「ロフト角を多め」にする。

ツアープロもロフト角は多めにする傾向があります。

練習量の少ないアマチュアゴルファーが地面から打つ場合はロフト18度以上の5Wから使うのがオススメです。

(2)3Wが苦手なら、5Wを使う

3Wが苦手なら、5Wを使い、5Wが苦手なら、7Wを使うというのも賢い考え方です。

3Wに比べて5Wは、シャフトが短いので芯で打ちやすいし、ロフトがあるのでボールが上がりやすいです。飛距離は、5Wでミートすれば3Wより5Wの方が飛ぶケースも多いです。

普段は3Wで打てるとしても状況に応じて5Wの方が良い場合も多いです。たとえばセカンドショットなどが傾斜地の場合ヘッドスピードは大きく落ちます。そのため3Wより、5Wの方が楽に飛ばせる状況は多くなります。

フェアウェイウッドはゴルファーの強い味方です。

フェアウェイウッドのチョロを防ぐ方法

フェアウェイウッドでチョロを防ぐ方法はいくつかありますが、その中の1つをご紹介します。

(1)アッパー軌道で打っていませんか?

飛距離を伸ばしたいと思うと気づかないうちに「アッパー軌道」になりやすいです。

ドライバーの練習を多くしているとアッパー軌道になりやすいです。

ティーアップして打つドライバーはアッパー軌道でも打てます。

しかし、地面にあるボールをアッパー軌道で打つことはできません。

ボールの前の地面を叩いてしまいます。

払い打ち」か「ほんの少しダウンブロー」に打ちましょう。

(2)アッパー軌道になる原因

アッパー軌道になる原因はいくつかあります。

・飛ばしたいという気持ち

・ドライバーの練習をたくさんしている

・アドレスで体重が右足に多めにかかっている

・アドレスで左肩が右肩に比べて高すぎる

いずれも「ボールを上げたい」という気持ちが根本にあります。

そのために無意識にアッパー軌道になっています。

(3)クラブのロフトを信じて打つ

ボールはクラブのロフトが上げてくれます。

フェアウェイウッドのチョロを直すにはスイングでボールを上げようとしないことです。

ゆるやかなダウンブロー」を身につけるとショットが安定しますよ。

フェアウェイウッドのダフリを防ぐ方法

クラブフェースの下でボールを叩くとチョロになります。

ボールの前の地面を叩くとダフリになります。

では、どうすれば良いのか?

フェアウェイウッドでチョロやダフリになる場合は、アイアンに近いスイングをしてみましょう。

「フェアウェイウッドはダウンブローに打つ」が正解です。

ダウンブローといっても鋭角に打ち下ろすのではありません。

入射角度が緩やかなダウンブロー」で打ちます。

入射角度が緩やかなダウンブローでスイングをするとボールに力が伝わり、力強いショットを打てます。

フェアウェイウッドが苦手ならショートウッドを使う

もしフェアウェイウッドが苦手なら、やさしいクラブを選ぶというのも賢い選択です。

3Wより5Wを使いましょう。

5Wより7Wを使いましょう。

難しいクラブを使うよりミート率が高まり飛距離も方向性も安定しやすいです。

ゴルフはミスショットを減らした人が勝つゲームです。

成功の確率が高いクラブ選択をしましょう。

まとめ

フェアウェイウッドのミスを防ぐ方法

(1)ロフト角が多めの優しいフェアウェイウッドを選ぶ

(2)入射角度が緩やかなダウンブローで打つ

(3)ショートウッドを使う

応援しています。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
フェアウェイウッドのトップ・チョロ・ダフリを防ぐ方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!