パターの素振りはラインに直角に立ってする

パッティングの前に素振りをしないゴルファーはめったにいません。たしかに、素振りはタッチを出すためにはきわめて有効ですが、問題は、その素振りを”どこで”行なっているかという点です。

多くのゴルファーは、実際のスタンスの位置から半歩ほど後ろに下がった場所で、あくまでラインに平行に立ってこの素振りを行なっているはずです。

しかし、プロのなかには、ボールの真後ろ、つまりカップとボールを結んだ線の延長線上に
ラインと直角になるように立って素振りをするゴルファーもいます。

なぜ、ラインに平行に立たないのか?
それは直角に立ったほうが、ライン全体がよく見え、距離感がイメージしやすいからです。

パッティングで一番大切なのは距離感、つまりボールが転がる速度のイメージを確認するには、ラインに直角に立ってターゲットまでの距離をしっかり把握しながら素振りをした方がいいというわけです。

ストロークの前の素振りは、2回と決めているゴルファーもいれば、タッチがイメージできるまで何回でもというゴルファーもいます。

しかし、なかには宮里藍プロのように素振りは一度もしないというゴルファーもいるのです。
素振りをしないのは、あくまで直感を大切にしたいからだろう。プロともなれば、ボールとカップの位置をひと目見ただけで、距離感がイメージできます。

しかし、そこで素振りをしてしまうと、最初のイメージがだんだん薄らいでしまう。あるいは、素振りをくり返すうちに、かえってタッチに迷いが生じるということもあるのです。

もちろん、素振りをしないでストロークするのはかなり勇気がいります。素振りをしなく
ても、イメージ通りのストロークができるだけの技術も必要に違いないのです。

しかし、だからといって、素振りをしないのはプロや上級者だけと決めつけるのは早計でしょう。なぜならアマチュアのなかには、素振りをくり返すうちに、しだいに「このパットは絶対に入れなければならない」とか、「だんだん曲がりそうな気がしてきた」など、余計なことを考え始める人が多いからです。

さらに、パットの前の素振りが、「タッチを出すため」ではなく、完全に形骸化してしまっている人も多そうです。そんな素振りなら、しないほうがマシです。

このところパットが不調というゴルファーは、一度、素振りをしないでパッティングしてみることをオススメします。

参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

アイアンをダウンブローで打ちたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

7番アイアンをダウンブローに打つ練習方法

是非、試してください。



スポンサーリンク