アイアンのタテ振りの感覚を身に付けるドリル

グリップした両手を椅子の背もたれに乗せる

クラブを持たずに両手をグリップした形に組み、両手を椅子の背もたれに乗せてクラブを振り下ろすつもりで両腕に力を入れます。椅子を右横に置いて座る場所を外側に向けます。

アイアンが当たらない人の欠点は、 クラブを横振りしているからです。

そこでこの練習で、どの角度で両腕を下ろすといちばん力が入るかを感じられます。

ゴルフのスイングの基本は、クラブをタテに振ることであります。クラブを横振りにすると、クラブへッドがアドレスしたときの位置を正しく通過しないから、ダフリやトップのミスにつながるのです。
また、ヘッドに力が十分伝わらないために、草や土の抵抗に負けて、思ったような飛距離が出ないのです。

クラブをタテに振る感覚をつかむには、背もたれのある椅子を用意して、座る場所を自分の右側に置きます。そして、その背もたれにグリップした両手を置きます。

もし、横に向けて両腕を下ろそうとするとカが入らないでしょう。これがクラブの横振りの打ち方で、力のロスが大きいことがわかるはずです。

これではミスも多く、飛距離もでません。
グリップした両手を下に向かって下ろすと、どの角度で両腕を下ろしたときにいちばん力が入るでしょうか。当然、両腕を真下に下ろしたときです。

これがアイアンのクラブを真下に下ろす感覚なのです。
この感覚がつかめたら、 実際にボールを打ってみましょう。
前と違って、ボールは最初のうちは右に出ていきます。しかし、それでも同じことを繰り返していると強いボールになって自分でも驚くほどの距離が出るはずです。

参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク