フェアウェイウッドの斜面からの打ち方

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

斜面からのショットが苦手です。

特にフェアウェイウッドでトップやチョロになります。

もしあなたも

「フェアウェイウッドを斜面から上手く打てない」

と悩んでいるならこの記事を参考にして下さい。

フェアウェイウッドは実際のラウンドでは平坦な場所から打つ機会って殆どありません。

程度に差はあっても斜面から打つケースの方が多いです。

ではどうすれば斜面からフェアウェイウッドを上手く打てるのか?

フェアウェイウッドを斜面から打つ方法

(1)つま先下がりは「下半身固定」

つま先下がりのショットを成功させるコツは「下半身を動かさないこと」です。

スイング軸を動かさないために下半身を固定します。

「がに股」でアドレスをすると下半身を固定しやすいです。

やってみるとわかるのですが意外と飛距離はおちません。

下半身を動かさないことで捻転が強くなり飛距離がでるのです。

「アドレス時の左ヒザの形をフォローまで変えない」ができると体の軸が安定します。

(2)左足下がりは「斜面なりに低いボールを打つ」

打ち下ろしのホールで多いのが左下がりのライ。他の斜面に比べて難易度が高いです。

左足下がりのショットを成功させるコツは「斜面なりに振る」です。

・スタンスを広め
・左足体重でアドレスをする
・体重移動をせずにスイングをする
低いボールを打つようにします。

左足下がりでボールを上げようとするとボールの手前を叩いてチョロになりやすいです。

低いボールを打つイメージにすると成功しやすいです。

すくい打ちの癖があると左足下がりのライで失敗が多くなります。

(3)同じ斜面で素振りをする

実際にボールを打つライと同じ斜面で素振りをしましょう。

平坦な場所で打つのとはアドレスもボールの位置も変わります。

実際にボールを打つライと同じ斜面で素振りをするとミスを防げます。

(4)3Wが苦手なら、5Wを使おう

「3Wが苦手なら、5Wを使う」というのも賢い考え方です。

3Wに比べて5Wは優しいクラブです。

・シャフトが短いので芯で打ちやすい
・ロフトがあるのでボールが上がりやすい

また普段は3Wで打てるとしても、状況に応じて5Wの方が良い場合も多いです。

3Wの性能を引き出すにはある程度のヘッドスピードが必要です。

セカンドショットなど傾斜地ではヘッドスピードは落ちます。

傾斜面では予想以上にヘッドスピードは落ちるものです。

そのため3Wより、5Wの方が楽に飛ばせる状況は多いです。

「3Wが難しいと感じたら、5Wを使う」というのも賢い考え方ですよ。

(5)優しいフェアウェイウッドを選ぼう

「フェアウェイウッドが苦手」という場合は優しいクラブを選ぶようにしましょう。

優しいフェアウェイウッドを選ぶポイントは「ロフト角を多めにする」こと。

ツアープロもロフト角は多めにする傾向があります。

トレーニングをしていない一般のアマチュアゴルファーは地面から打つ場合はロフト18度以上の5Wから使うのがオススメです。

3Wよりもロフト角がある5Wの方が、かえって高弾道低スピンで飛距離が出るケースも少なくありません。

参考にして下さい!