ゴルフは直線運動~ゴルフ上達法革命とは !!~

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフのスイングなんて、自分に合ったものを取り入れればよいのです。

他のスポーツとゴルフが大きく異なる点は、プロスポーツ・プレイヤーとしての寿命が極端に長い点です。

スポーツ上達の秘訣は、目標とするプレイヤーの真似をすることです。

なので、どの年代でも目標となるようなプロゴルファーが存在しているので、年齢にあった「型」を見つけやすいのも、ゴルフを長く楽しめる良い点の一つだと思います。

手首の使い方で、インパクトが変えられる

さて、そのゴルフスイング。

プロゴルファーは、皆、キレイなスイングをしているかというと、そのようなこともありません。特に海外のプロゴルファーは、極端に右肩を突っ込み、タメを作ったり、フィニッシュでは、後ろ脚が前に出て、飛球線に対し体が垂直となるほどの大きな振りをするプロもいます。

これらは、筋力が違うのでアマチュアゴルファーが真似すると、体のどこかに負担がかかり、続けてスイングを維持することはできないでしょう。

しかし、これら海外勢のスイング。決して真似してはいけないスイングではありません。

特にトップからダウンスイング、インパクトにかけて、必ずといっていいほど共通する形があります。

それは、リストコックです。

海外勢は、皆、コックのリリースが極端に遅く、スイングアークはコンパクト。

それがクラブヘッドを加速させているのです。

それに対し日本人ゴルファー、特にアマチュアの多くは、トップからダウンまで大きなアークを描き、コックのリリースも早めな方が多いのではないでしょうか。

その結果、インパクトでうまくヘッドを加速できず、球が上がらないというような弱々しい弾道となってしまってないでしょうか。

もし、あなたが海外勢のような力強いインパクトを望むのであれば、一度、手首の使い方にフォーカスを当てるべきです。

先ほど海外勢のスイングは真似が難しいと書きましたが、リストコックの真似は比較的簡単にできます。

この手首の使い方を理解すると、必然的にクラブがダウンスイングで、縦に降りてくるようになります。

強いダウンブローの軌跡が自然と作れるようになるので、全てのクラブの飛距離が上がるはずです。

クラブシャフトの立ったダウンのタメができるか?

コックをコックのリリース直前まで保てば保つほど、コックをリリースした時にヘッドスピードが上がるのです。

コックのリリースは動作としては小さな動きなのに、パワーを発生させる大きな役割をしているのです。

このコックこそ骨が生み出す物凄いヘッドスピードを作り出すのです。

遠心力などいらないのです。

ほとんどの人がコックを早くリリースするため、ヘッドスピード が上がらないのです。

筋肉隆々のプロレスラーが飛ばないのを、TVなどで見たことがあると思います。

初めて体感する骨が勝手に作り出すスイングスピードの速さにあなたは驚くことでしょう。

最後の最後まで欧米人のように腰の位置までコックを保つのです。

クラブヘッドなんかどうでもよいのです。
ほっとけば良いのです。

「グリップエンド」から突くようにすれば、クラブヘッドは勝手に「ヘッドの面を切り替え」てくれるのです。

一生に一度だけでも、本気でグリップエンドを地球に突き刺してください。

ヘッドの重いショートアイアンで、グリップエンドを一気に地面に突き刺してください。

右足先にあるボールを打つつもりで「グリップエンド」を一気に地面に突き刺し、フルスイングしてください。

最初は、右腰から左腰へのハーフスイングで、やってみてください。

ゆっくりではなく、早いスイングスピードでやってください。

右膝を左に動かないようにしてですよ!

イメージとしては、右サイドにためた「L字のコック」を「スパ ーーン!」 と解き放つ感じです。

ヘッドに強く引っ張られるのを、感じるはずです。

そうすると、インパクト後、シャフトの上の面から、フォローで上に上がっていくはずです。

決して、インパクト後、シャフトの左サイドの面から、フォローで上に上がっていかないはずです。

そう、シャフト、ヘッドが正しく、入れ替わったのです。

トッププロだけが体感している異次元の世界をあなたも体感!

一度だけ、一度だけ体感してください。

このヘッドの動きをあなたが「自分自身の手」で手に入れるのです。

私は何もしていません。

あなたが「自分自身の手」で「新しいゴルフの世界」への扉を開くのです。

あなたの得るものは、はかりしれないでしょう。

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!