ショートゲームを極める片手打ち練習ドリル




あなたも30ヤード前後の距離を苦手としていませんか?

30ヤードからピタリと寄せられると
大幅なスコアアップを期待できます。

30ヤードはアマチュア選手が直面する最も多い
アプローチの距離になります。

30ヤードの距離感を磨き、
30ヤードの距離を体が覚えることができれば
スコアアップが期待できます。

ショートゲームはスコアアップの近道です。

どんな練習をすればアプローチを上達できるのでしょうか?



アプローチの片手打ち

(1)右手1本で打つ

クラブを右手で短く持ちます。
体重は左足に多めにのせた状態をキープします。

軽く脇をしめて体の回転でボールを打ちます。

遠くに飛ばす必要はありません。

右手とクラブで作った角度を変えないように
体の回転でボールを打ちましょう。

手首の動きをおさえるとインパクトが安定します。

(2)左手1本で打つ

クラブを左手で短く持ちます。
体重は左足に多めにのせた状態をキープします。

軽く脇をしめて体の回転でボールを打ちます。

遠くに飛ばす必要はありません。

左手とクラブで作った角度を変えないように
体の回転でボールを打ちましょう。

手首の動きをおさえるとインパクトが安定します。

(3)両手で打つ

片手でボールを打つといつもよりクラブを重く感じます。

そのため手打ちになりにくく
自然と体の回転でボールを打つ動きになります。

左右それぞれの片手打ちをしてから
両手を使ってボールを打ちます。

片手打ちの感覚を忘れないうちに行います。

すると両手を使ったアプローチでも
体の回転でボールを打てます。

小さなショットでも体の回転で打つ
という感覚をつかめればアプローチが安定します。

片手打ちドリルは多くのレッスンプロが推奨する
お勧めのドリルです。

参考にして下さい。

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

スポンサーリンク

フォローする

ショートゲームを極める片手打ち練習ドリル
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!



スポンサーリンク