30ヤード以内から寄せワンを取る方法

ピンまで30ヤード以内、、、

この距離を寄せてワンパットで上がればパー!

これができればゴルフは3倍楽しくなります。

しかし、この距離を苦手と感じてピンに寄らない人が多いですね。

この距離から寄せワンを増やせると一気にスコアアップできます。

寄せワンを取る方法

(1)フェースはスクエア

アドレスでフェースをスクエアにした方が狙った方向にボールを打ちやすくなります。

短いアプローチではアドレスでフェース面を目標方向にむけてフェースを返さないように打ちます。

フェースを返さない方法として、ダウンの時に右肘をボールに向けるとフェースは返らなくなります。

(2)ノーコック

コックを使うと飛距離がでますがインパクトが不安定になりやすいです。

短いアプローチはノーコックで打ちます。

ノーコックはインパクトの打点と入射角が安定します。

手首の動きをおさえて肩の回転だけでボールを打ちます。

パットのストロークの動きをイメージします。

狙った方向に打ちやすくなりミスが少なくなります。

(3)グリーンの硬さと傾斜をチェック

落とし場所の地面が硬いとランが増えます。

柔らかいとランが減ります。

落とし所の傾斜によってボールが跳ねる方向もかわります。

アプローチでカップにピタリと寄せるにはグリーンの読みが大切です。

チップインを狙うならパットと同じくらい正確にグリーンを読む必要があります。

(4)素振りを丁寧にする

アプローチは素振りが大切です。

素振りを適当に行う人もいますが、丁寧に素振りをすると距離感が良くなります。

具体的には、実際にボールを打つイメージで素振りをします。

素振りをすると地面に傾斜があればボールの位置を微調整できます。

芝の抵抗を事前に把握できます。

次回のコースで試してください。

30ヤード付近のアプローチはスコアに大きく影響します。

寄せワンが増えればゴルフは楽しくなります。

応援しています。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク