この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寄せワンを狙う30ヤードのアプローチの打ち方

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

すべてのゴルファーにとって、アプローチはゴルフの小技の中でも、ゴルフの上達がスコアアップに直結すると言われる重要なテクニックです。

ドライバーで豪快に飛ばすのは爽快ですが、アプローチショットでピタリとピンに寄った時の快感もゴルフの醍醐味の一つでしょう。

アプローチショットは実はかなりたくさんの技術や、引き出しの多さが求められる場面でもあります。それだけにゴルファーを悩ませる壁となりますが、コツを知ることで上達が早くなったり、次のラウンドでも練習の結果が直ぐに現れるかもしれません。

ボールを遠くに飛ばす必要のないアプローチは、場所を選ばず練習できるショットでもあります。例えば自宅で好きな時間に、気軽に練習できれば、ゴルフ上達への近道になります。

アプローチの方向性を良くするには?

アプローチの重要性を知っていて、練習をたくさんしている方は多いのですが、アプローチの「距離感」に比べて、「方向性」は軽視されがちです。

アプローチは距離感も重要ですが方向性も重要です。

アプローチの方向がズレると距離がピッタリでも長いパットが残ります。アプローチの方向がピッタリと合えば、カップ近くにボールを運べます。

ということで、自宅で出来るアプローチの方向性をアップする練習方法をご紹介します。

パターマットとゴルフボールを使います。

クラブはA/Wを使用し、パターマットに置いたボールでチップインを狙います。

2mの距離から3球連続でチップインするまで練習する。

距離の短いアプローチというのは難易度が高く、振り幅が小さいので手先で振ると打点が安定しません。短いアプローチをキッチリと打てるようになると距離の長いアプローチも簡単になります。

2m先のカップにアプローチショットでカップインするには、打点、クラブの軌道、フェース面を安定させる必要があります。

これを日課にすれば、アプローチの方向性が大きく向上し、大幅なスコアアップを期待できます。

アプローチの打点を安定させる打ち方

アプローチの打点が安定しない理由は、きちんと当てようという意識が強すぎて手打ちになっているというケースが多いです。手打ちを防止するためには、手首の角度を変えずに打つとよいでしょう。

プロの中には手首を使ってアプローチをする人もいますが、練習量が少ないアマチュアは手首を使うよりも、肩の回転で打つ方が安定します。

ということで、アプローチの打点を安定させる打ち方をご紹介します。

(1)ノーコックでミスを減らす

コックを使うと飛距離がでますがインパクトが不安定になりやすいです。

短いアプローチはノーコックがおすすめです。

インパクトの打点と入射角が安定します。

手首の動きをおさえて肩の回転だけでボールを打ちます。

狙った方向に打ちやすくなりますし、ミスが少なくなります。

(2)両腕と肩でつくる三角形をキープ

30ヤード以内のアプローチは、両腕と肩でつくる三角形をキープし、アドレス時の手首の角度を変えずに打ちます。

手首の角度をキープ出来ているか確認できる方法があります。

30ヤードのアプローチをイメージしてシャドースイングをしてみましょう。

そして、、、「フォローでストップ!」

アドレスの時に作った両腕と肩でつくる三角形がフォローでも同じ形になっていればOKです。

(3)手首の角度をキープする練習方法

手首の角度をキープするオススメの練習方法は「片手打ちドリル」です。

右手、左手それぞれ片手で素振りをします。

慣れたらボールを片手で打ってみます。

手で上げずに肩の回転でスイングすると安定して打てます。

片手打ちの後に両手でボールを打ちます。

このドリルをするとアプローチのスイングが安定します。

自然に距離感も良くなります。

30ヤード以内から寄せワンを取る方法

ピンまで30ヤード以内、、、

この距離を寄せてワンパットで上がればパー!

これができればゴルフは3倍楽しくなります。

しかし、この距離を苦手と感じてピンに寄らない人が多いですね。

この距離から寄せワンを増やせると一気にスコアアップできます。

(1)フェースはスクエア

アドレスでフェースをスクエアにした方が狙った方向にボールを打ちやすくなります。

短いアプローチではアドレスでフェース面を目標方向にむけてフェースを返さないように打ちます。

フェースを返さない方法として、ダウンの時に右肘をボールに向けるとフェースは返らなくなります。

(2)ノーコック

コックを使うと飛距離がでますがインパクトが不安定になりやすいです。

短いアプローチはノーコックで打ちます。

ノーコックはインパクトの打点と入射角が安定します。

手首の動きをおさえて肩の回転だけでボールを打ちます。

パットのストロークの動きをイメージします。

狙った方向に打ちやすくなりミスが少なくなります。

(3)グリーンの硬さと傾斜をチェック

落とし場所の地面が硬いとランが増えます。

柔らかいとランが減ります。

落とし所の傾斜によってボールが跳ねる方向もかわります。

アプローチでカップにピタリと寄せるにはグリーンの読みが大切です。

チップインを狙うならパットと同じくらい正確にグリーンを読む必要があります。

(4)素振りを丁寧にする

アプローチは素振りが大切です。

素振りを適当に行う人もいますが、丁寧に素振りをすると距離感が良くなります。

具体的には、実際にボールを打つイメージで素振りをします。

素振りをすると地面に傾斜があればボールの位置を微調整できます。

芝の抵抗を事前に把握できます。

次回のコースで試してください。

30ヤード付近のアプローチはスコアに大きく影響します。

寄せワンが増えればゴルフは楽しくなります。

30ヤード以内のアプローチを得意になると寄せワンが増えます。

大幅なスコアアップを期待できますよ。

こちらにも寄せワンをとる練習方法が掲載しています。

http://egolfview.com/archives/14410

参考になれば幸いです。

応援しています!

スポンサーリンク
寄せワンを狙う30ヤードのアプローチの打ち方
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!