この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寄せワンが取れるアプローチ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

ゴルフが上手い人はグリーンを外しても寄せワンでパーをとります。

寄せワンをとるにはワンパット圏内に寄せる距離感が大切です。

寄せワンがとれる距離感

(1)目で見た距離を打つ

30ヤード以内の微妙な距離感はふり幅だけで調整するのは難しいです。

10ヤード、20ヤード、30ヤードの距離感を持っている方も多いです。

しかし1ヤード刻みをふり幅だけで調整するのはほぼ不可能です。

1ヤードという微妙な距離を作るには「感覚を養う」しかありません。

次のようにすると、微妙な距離感を養いやすいです。

・ボールのライ、グリーンの傾斜を確認する

・ボールの落としどころを見つける

・どのようなボールを打つか明確にイメージする

グリーンに「トン」と乗せて
「コロコロ」とカップに近づき
「コロン」とカップに入る。

ここまでをイメージします。

このイメージは実際にコースで成功すると感覚が磨かれます。

寄せワンを確実にとるには、目で見た距離をイメージして打つ練習が必要なのです。

(2)3回素振りでアプローチの距離感を良くする

素振りで距離感を良くする方法があります。

アプローチの距離感はカップまでではありません。

ボールの落としどころまでです。

ボールを落としどころまで運ぶ素振りをします。

イメージを出すには3回素振りをします。

素振りの感覚が消えないうちにボールを打ちます。

(3)基準となる打ち方を持つ

目で見た距離を打つために、自然に体が動くことが大切です。

その精度をいかに高めていくかが勝負です。

まずは「基準となる打ち方」を身につける必要があります。

毎回、リズムが変わる。
毎回、ボールの位置が変わる。

これでは、いくら反復練習をしても効率が悪いです。

「基準となる打ち方」を持ってから反復練習やラウンドをすると、自然と距離感がよくなってきます。

基準となる打ち方を身につけましょう。

アプローチはイメージ通りにボールを打つ練習が大切です。

独学でも誰かに習っても良いです。

アプローチの距離感を養いましょう。

アプローチの距離感が良くなると大幅なスコアアップを期待できます。

ショートゲームはゴルフ上達への近道です。

応援しています。

スポンサーリンク
寄せワンが取れるアプローチ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!