ドライバーでテンプラとチーピンの直し方

ドライバーショットの悩みで一番多いのは「スライス」「フック」「テンプラ」「チーピン」でしょうか。

今日は「テンプラ」「チーピン」の原因と解消法についてご紹介します。

「テンプラ」はヘッドの上部に当たりボールが高く上がり距離が出ないことを表します。
打った瞬間にボールが高く上がってしまう「テンプラ」は、クラブヘッドが急激に上から入ることが原因です。

「チーピン」は、アウトサイドインの軌道で左に打ち出し、さらに左に曲がるタイプや、インサイドアウトの軌道で腰の回転が止まり、腕が詰まって手首が返るタイプが多いですね。
チーピンはOBになりやすいので辛いですよね。

「テンプラ」を直す簡単な方法

テンプラとはクラブヘッドの上部にボールがあたりボールが高々とあがる状態です。

アイアンショットの場合、ボールは地面の上にあるため緩やかなダウンブローで打つ必要があります。ドライバーはティーアップして打てるので緩やかなアッパーブローで打つのが望ましいです。

(1)テンプラの主な原因

ドライバーを過度なダウンブローで打っているためです。
過度なダウンブローでインパクトするためフェース面にきちんとボールがあたりません。

クラブヘッドの上部にボールがあたります。
その結果ボールが高くあがり、飛距離もでないのです。

(2)アウトサイドインの軌道でテンプラ

スイング軌道がアウトサイドインになるとヘッドが鋭角に入りやすくテンプラになりやすいです。テンプラが多い場合はスイング軌道がアウトサイドインになっていないか確認しましょう。

(3)ビハインドザボールで打つ

インパクトで頭が目標方向に動くとテンプラになりやすいです。

クラブヘッドの入射角が過度なダウンブローになるからです・

ビハインドザボールをキープするとテンプラを防いで飛距離もでます。

ちょっとしたコツでショットが安定して飛距離がのびますよ。

チーピンを直す簡単な方法

(1)チーピンの原因

インパクトでフェースがかぶるとチーピンになります。

インパクトでフェースがかぶる大きな原因は下半身が止まるからです。

スイングの細かいことを気にするより下半身を回転させましょう。

チーピンを軽減できます。

(2)スタンスを狭くする

スタンスを狭くすると下半身が回転しやすくなります。

腰の回転がスムーズになりチーピンを軽減できます。

回転がスムーズになるので飛距離もでます。

ドライバーショットが安定するとスコアが良くなります。

応援しています!

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク