アプローチは転がす、上げる、どっちが得意?

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプローチは転がす、上げる、どっちが得意?

アプローチには複数の打ち方あります。

大きくわけて3つ。

ランニングアプローチ

ピッチエンドラン

ロブショット

です。

アプローチを簡単にする練習方法

(1)基本のピッチエンドランをマスター

キャリーとランの距離が半々になるのがピッチエンドランです。

これをマスターすれば多くのバリエーションに応用ができます。

「ボールの位置を変更する」
「フェースの開きを調整する」
「クラブを変える」

基本的にはこの3つで様々なアプローチに応用できます。

まずピッチエンドランをマスターしましょう。

ピッチエンドランのポイントは

・スタンス幅を小さく
・クラブを短く持つこと
・オープンスタンス

「スタンス幅を小さく」、「クラブを短く持つこと」でインパクトのブレを少なくできます。

「オープンスタンス」で、ターゲットに対する視界が広くなり方向性を出しやすくなります。

(2)基準となる距離を作る

アプローチは「基準となる距離」を持っていると距離感が良くなります。

オススメは30ヤードのアプローチを基準にします。

ですが人それぞれなので、あなただけの基準を持っていても良いわけです。

今の時点で気持よく安心して打てるアプローチの距離があるはずです。

30ヤードかもしれませんし、20ヤードかもしれません。

「安心して打てる距離」をあなたの基準にすれば良いわけです。

(3)安心して打てる距離を探す

S/W、A/W、P/Wで、一番安心感のあるクラブを使います。

おそらく、一番練習しているクラブです。

すると、気持よく打てて、何も考えずに、安心して打てる距離があるはずです。

その距離をあなたの基準にすれば良いわけです。

プロがSWを使うのは試合で使われるグリーンが高速のため。

我々が普段ラウンドするコースはそこまで高速ではありません。

AW、PWでも対応できるでしょう。

(4)自分の基準を中心に距離感を磨く

たとえば、あなたの基準がA/Wで30ヤードなら、その距離を中心に、前後の距離をいったりきたりします。

30ヤード(基準)

40ヤード(大きい)

30ヤード(基準)

20ヤード(小さい)

30ヤード(基準)

40ヤード(大きい)

この練習を繰り返すと、「基準となる距離」を中心に範囲が広がります。

今までは30ヤードの基準が20ヤードから40ヤードになります。

人によって、基準となる距離が違います。

この方法なら、今までの練習を活かして、距離感を養えます。

アプローチはスコアアップの要です。

アプローチの距離感を磨くことは、「100の壁」、「90の壁」を超える近道です。

応援しています。