右股関節と左肩でドライバー飛距離アップ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーの飛距離がでるとセカンドショットで短いクラブを使えます。

バーディーを狙えるようなゴルフがしたいですよね?

テークバックで右股関節に体重を乗せて、左肩を回せば飛距離がアップします。

テークバックで右股関節に体重を乗せる

テークバックで右股関節に体重を乗せるとスウェーが直ります。

テークバックで右にスウェーするとフォローでも左にスウェーします。

テークバックで右股関節に体重を乗せるとショットが安定して飛距離ものびます。

イ・ボミ選手もテークバックで右股関節に体重を乗せています。

(1)アドレスは股関節から前傾

テークバックで右股関節に体重を乗せるにはアドレスが重要です。

先ず、アドレス時に重心を下げて、股関節から前傾します。

するとテークバックで股関節に体重を乗せやすくなります。

方法は簡単です。

「股関節にシャフトを当てて、自分の方に押す」

これだけで股関節から前傾ができます。

(2)バックスイングで右膝を正面に向けたまま

右膝が右に流れるとパワーが蓄積されません。

右膝は我慢するとパワーがたまり上半身と下半身に捻転ができます。

テークバックで右膝の角度をキープし
股関節に体重を乗せると飛距離がアップします。

テークバックで左肩をスムーズに回す

左肩がスムーズにまわると、、、
・打ち急ぎがなくなる
・トップでほどよい「間」ができる
・左右に体がブレなくなる
・軸がブレないのでヘッドが走る
などなど、ショットは安定して飛距離が伸びます

多くのゴルファーが
顔の真正面でボールを見ながらアドレスをします。
すると「アゴを引いた状態のアドレス」になります。この「アゴを引いた状態」というのが、左肩がスムーズにまわらない原因になります。

バックスイングでアゴが邪魔になり、肩の回転がスムーズに出来なくなります。肩がまわらないと打ち急ぎになり、手打ちの原因にもなります。フックやスライスの原因にもなります。

ではどうすれば良いのか?

アドレスをした時に
頭が天から吊るされているイメージで顔を少しあげる。

顔を上げると「ボールを下目線で見る」状態になります。

アゴを少し上げることで、
バックスイングで左肩がスムーズに回転します。

すると捻転が大きくなり飛距離が伸びます。

フォローでは右肩がアゴの下に入ります。

力いっぱいスイングしても、スイング軸がぶれなくなります。

軸がブレなくなるので、スライスやフックも防止できます。

アドレスを少し見直すだけで飛距離が伸びることも多いです。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ!

応援しています!

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
右股関節と左肩でドライバー飛距離アップ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!