飛距離アップにはズバリ、ドローボールを打つ

スライスしない打ち方のコツを知りたい・・・

と思ったら続きを読んでください!

あなたのドライバーショットからスライスを取り除き、

ティーショットの飛距離を30ヤード以上伸ばすことが期待できます!

スライスはいやですよね!

でも、ゴルフのスイングは、基本的に曲がるものです。

そして、無理してストレートの
球筋にこだわる必要もありません。

もしあなたが、スライスを本気で
治したいと思うなら、今やっている
練習は一旦脇に置いてください。

ズバリ、『ドローボール』を打つことです!!

背骨を中心に捻転し、大きな円運動の中で
ボールをとらえているのですから、サイドスピンがかかって当然です。

特にフェースが返りにくく、ボールを捕まえにくい
大きなヘッドのドライバーなどは、顕著に表れると思います。

ここでご紹介する練習ドリルでは、
ヘッドを小手先に頼らずに返す方法を手に入れられます。



スライスの原因はなにか?

ご存知の通り、インパクトの瞬間にフェースが
開いてしまっているのがスライスの原因です。

それを改善するには、フェースを閉じる動作を入れることが手っ取り早い。

ですが、
インパクトの瞬間にフェースを返す(閉じる)動作を入れてしまうと、
左回転のスピンがかかり引っ掛けや、フックに転じてしまいます。

今までのスライス改善の指導は、
根本的にこの「フェースを返す・閉じる」動きを入れる為、
タイミングが合えばストレートに近い球筋になりますが、
多くのアマチュアにとっては、
再現性が低く諸刃の剣になってしまうでしょう。

このレッスンで手に入れられるのは、
ストレートボールではありません。
しっかりしたスイング軌道とそれに伴うドローボールです。

スライス改善の弊害

今までの多くのスライス改善を行う方法は、
ストレートボールに近づける為、フック回転をかけ、
スライス回転を相殺させるような動きでした。

結果的にストレートボールに近づけられたとしても、
インパクトは弱くなる傾向にあります。

多くのプロゴルファーは、バッバワトソンは例外としても、
大なり小なりボールを曲げてコントロールしています。
ストレートボールを持ち球とするプロは皆無ではないでしょうか。

サイドスピンは、ゴルフのスイングの構造上、
避けられないものなので、それを利用し、
コントロールしていくというのが正しい解決法だと思います。

この教材では、サイドスピンを無理に消すことはしません。
目指すべくは、緩く左へ曲がるドローボールです。

スライスから転じてボールが捕まり出すとドローが出やすくなりますが、
小手先でヘッドを返すような再現性の低い技術ではなく、
体幹を使った、正しいヘッドの軌道を手に入れられます。

結果的に、スライスの改善とともに、飛距離の向上も見込めるでしょう。

ドローボール・マスタープログラム

スポンサーリンク