体が硬くても、体が回らなくても飛ばせる

本当に難しいのはゴルフというゲーム。

けしてスイングは難しくありません。

▼ 飛ばそうとすればするほど飛びませんよ!

寒くなってきて、更に飛ばなくなったと実感し、

ここぞとばかりに目一杯クラブを振り回し、

ボールを強打しているそこのあなた!

ちょっと待ってください!

【本当にそれで飛距離は伸びていますか?】

10球に1球位はたまたま飛ぶこともあるかもしれません。

しかしそんなの「まぐれ」でしかありません(苦笑)

フィニッシュできちんと立っていられないようでは

本当に飛ばせるスイングではありません。

詳しくは「大古清のゴルフ道場」をご覧ください。

飛ばすための特別なスイングなんてありません!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

冒頭から夢の無い答えで申し訳ありません(汗)
でも本当のことなので怒らずに聞いてください。

飛ばすための「●●理論」とか、「●●スイング」
といった情報もあろうかと思いますが、表現の違い
だけでスイングの基本は決まっています。

みんなと同じように構えて、クラブを振り上げて、
振り下ろして、ボールを打っているはずなのに
周りの仲間よりも飛ばないのは何故でしょう?

それはきっと勘違いをしていて正しいスイング
(クラブを振る動き)が出来ていないからです!

・正しいスイングってどうやるの?

・今更恥ずかしくて人に聞けないよぉ。

そんな方に朗報です!!

まずはこちらの「大古清のゴルフ道場」を御覧に
なってみてください。



体が硬くても、体が回らなくても大丈夫

体は年とともに変化し、体は硬くなり、お腹も出っ張り、
とうぜんスイングだって変わります。
これは自然の摂理。当たり前のことです。

「大古清のゴルフ道場」では、
そんな今のあなたが、無理なく飛距離を甦らせた上、
スコアアップにつながる秘伝をお教えします。

頑張らないスイングのススメ!

1.カンタン飛距離アップ法

スイングはたったの2秒。
アレもコレもと考えいるヒマはありません。
グリップが出来れば、スイングのポイントはたったの3つ。
今でも試合で250ヤード以上かっ飛ばす「大古プロの飛ばしの奥義」!

2.長尺ドライバーを使いこなすコツ

「もっと飛ばしたい」ゴルファーにとって長尺ドライバーは、
まさに「魔法のつえ」とも言われます。
1インチ長いと、「5~6ヤード飛距離が伸びる」と
いわれている長尺ドライバーを使いこなすコツを伝授!

3.ゴルフ頭を使ってスコアアップ!

言うまでもなくゴルフはメンタルなスポーツ。
このレッスンでは、スコアをアップのための頭の使い方や
実戦を想定した練習法、ミスをした時のリカバー法など、
机上のゴルフ論ではなく、実戦的なスコアアップ法を伝授。
「知ってるだけで10打ゴルフが上手くなる」。
そんなスコアアップ術を伝授!

★  ゴルフ道場の特長、特典はスゴイ!  ★

1.無料電話サポート体制が個別のレッスンを実現

———————————————

レッスンDVDというと「ただ見て終わり」という
方も多いですが、ゴルフ道場は購入後に無料で
電話サポートを実施しています。
そのため、ご質問には個別対応いたします。

2.特典満載!おまけにQ&Aは動画でも解説します。

———————————————

DVDの購入特典は動画だけでなく、PDFでも
しっかりした内容を公開している他、ご覧に
なって出た疑問・質問は動画での説明・解説も
行います。

「DVDだけだと心配」とか「誰かに聞きたい」

そんな不安もこのゴルフ道場ならお応えできます!

まずはコチラをご覧下さい。

大古清のゴルフ道場

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

アイアンをダウンブローで打ちたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

7番アイアンをダウンブローに打つ練習方法

是非、試してください。



スポンサーリンク