パッティング力を上げショートパットが決まり3パットがゼロ

ボールの芯でパターをセットするいい方法があります。

最初のポイントは、手首です。

手首を使いすぎてしまうと、フェイス面の向きが不安定になります。

パッティングでボールが転がる方向は、インパクトでのフェイス面の向きによって決まります。

フェイス面がターゲットを向いていれば、ボールは、ターゲットに向かって転がります。

左右にずれていれば、間違った方向にずれてしまうのです。

いわゆるひっかけは、インパクトでフェイス面がかぶってしまう状態を言います。
一番の理由として考えられるのが、手首を使いすぎてしまうことです。

インパクトで左手首を甲側に折ってしまうと、フェイス面の向きが変わってしまいます。

ボールは、左サイドに転がりやすくなるので、左手首の角度をキープするようにして下さい。

そうすれば、ターゲットに向かって正しく転がります。

インパクトの手前で、カップを見てしまうこともNGな動きをつくってしまいます。

カップを早く見ようとすると、目線が左方向にずれてしまったり、体が開いて右に打ち出してしまいます。

目線とフェイス面は同調しているので、目線が左方向を向くと、フェイス面も左方向に向いてしまうのです。

テークバックで、ヘッドをアウトサイドに上げてしまっても、フェイス面を閉じてテークバックしてしまうので、ひっかけの原因になります。

次にプッシュアウトです。
インパクトの瞬間に上体が起き上がるとプッシュアウトします。

プッシュアウトが出やすい方は、インパクトでフェイス面が開いてしまっています。

原因として考えられるのが、上体の起き上がりです。

ダウンスイングで上体が起きてしまうと、手首も持ち上がってしまいます。

そうすると、インパクトでフェイス面が開いてしまうのです。

そこで、ひっかけやプッシュアウトを防ぐための練習ドリルを紹介します。

サンドウェッジを用意して下さい。
サンドウェッジの刃で、ボールの芯を打ちます。

ボールの下を刃で打ってしまうと、ボールは上がってしまいます。

逆にボールの上を打ってしまうと、ボールは、思ったように転がりません。

ボールの芯を打つことができれば、きれいに転がってカップインします。

刃でボールを捉えることができたら、パターの芯でもボールの芯を捉えることができます。



チャンスもピンチもパターで勝負

多くの人はショットを中心に練習します。

それもドライバーショットを。

確かにドライバーショットでのビックドライブは、みんなからの称賛の声を浴びとても魅力的です。

でも考えてみてください。

全ホールドライバーを使ったところで14回しかドライバーは打ちません。

パターは30回以上使用します。

使用回数から考えても、ドライバーの練習の2倍以上はパターに練習を割かなければいけません。

現実、ドライバーの練習が大好きな方が多いのではないでしょうか??

そして、ドライバーでの300ヤードはスイングの練習だけではどうにもなりません。

300ヤードのドライバーショットを放つには、身体能力を極限まで磨き上げる必要があります。

ですが、パター数を30以内にすることの方が、ドライバーの300ヤードより、やるべき項目が少なく、簡単で早いです。

1日10球、10分の練習で必要な要素を全て含んだプログラム。

チャンスもピンチもパターで勝負パッティング力が上がれば、

  • ショートパットが決まり、3パットがなくなる
  • スコアが劇的によくなり、目標達成やライバルに勝てる
  • パターの自信から、ショットやアプローチも良くなる
  • ノー感が直り、絶妙な距離感やタッチが身につく
  • 効率がよく、正しい練習方法がわかり、最速で上達できる

スイング理論は、

その人の筋力や柔軟性、年齢、性別など色々な条件で別れてきますが、ITパッティング理論は老若男女、ハンディなどは一切関係ありません。

体格の差を関係なく実践でき、極めれば、プロ以上のパッティング力が身につきます!

私は、このITパッティング理論を公開することで皆様のゴルフを変えたいと思っています。

本当にパターが変われば、あなたのゴルフが変わります。

この理論であなたの目標を達成させてみせます!

シングル入りには、ITパッティング理論がお勧めです。

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

フォローする

パッティング力を上げショートパットが決まり3パットがゼロ
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!