パター上達練習法~ITパッティング理論~

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ運動能力もパワーも全く必要なくスコアもあがるのか?

1日10球、10分の練習で必要な要素を全て含んだプログラムがあります。

ゴルフのスコアが苦労しなくても改善する秘密を探って下さい。

「経験を積まないと無理」

しょせん勘と産んだから

と諦めているあなたに正しいノウハウステップを公開します。

ボールの芯でパターをセットするいい方法があります。

最初のポイントは、手首です。

手首を使いすぎてしまうと、フェイス面の向きが不安定になります。

パッティングでボールが転がる方向は、インパクトでのフェイス面の向きによって決まります。

フェイス面がターゲットを向いていれば、ボールは、ターゲットに向かって転がります。

左右にずれていれば、間違った方向にずれてしまうのです。

いわゆるひっかけは、インパクトでフェイス面がかぶってしまう状態を言います。
一番の理由として考えられるのが、手首を使いすぎてしまうことです。

インパクトで左手首を甲側に折ってしまうと、フェイス面の向きが変わってしまいます。

ボールは、左サイドに転がりやすくなるので、左手首の角度をキープするようにして下さい。

そうすれば、ターゲットに向かって正しく転がります。

インパクトの手前で、カップを見てしまうこともNGな動きをつくってしまいます。

カップを早く見ようとすると、目線が左方向にずれてしまったり、体が開いて右に打ち出してしまいます。

目線とフェイス面は同調しているので、目線が左方向を向くと、フェイス面も左方向に向いてしまうのです。

テークバックで、ヘッドをアウトサイドに上げてしまっても、フェイス面を閉じてテークバックしてしまうので、ひっかけの原因になります。

次にプッシュアウトです。
インパクトの瞬間に上体が起き上がるとプッシュアウトします。

プッシュアウトが出やすい方は、インパクトでフェイス面が開いてしまっています。

原因として考えられるのが、上体の起き上がりです。

ダウンスイングで上体が起きてしまうと、手首も持ち上がってしまいます。

そうすると、インパクトでフェイス面が開いてしまうのです。

そこで、ひっかけやプッシュアウトを防ぐための練習ドリルを紹介します。

サンドウェッジを用意して下さい。
サンドウェッジの刃で、ボールの芯を打ちます。

ボールの下を刃で打ってしまうと、ボールは上がってしまいます。

逆にボールの上を打ってしまうと、ボールは、思ったように転がりません。

ボールの芯を打つことができれば、きれいに転がってカップインします。

刃でボールを捉えることができたら、パターの芯でもボールの芯を捉えることができます。

チャンスもピンチもパターで勝負

多くの人はショットを中心に練習します。

それもドライバーショットを。

確かにドライバーショットでのビックドライブは、みんなからの称賛の声を浴びとても魅力的です。

でも考えてみてください。

全ホールドライバーを使ったところで14回しかドライバーは打ちません。

パターは30回以上使用します。

使用回数から考えても、ドライバーの練習の2倍以上はパターに練習を割かなければいけません。

現実、ドライバーの練習が大好きな方が多いのではないでしょうか??

そして、ドライバーでの300ヤードはスイングの練習だけではどうにもなりません。

300ヤードのドライバーショットを放つには、身体能力を極限まで磨き上げる必要があります。

ですが、パター数を30以内にすることの方が、ドライバーの300ヤードより、やるべき項目が少なく、簡単で早いです。

1日10球、10分の練習で必要な要素を全て含んだプログラム。

チャンスもピンチもパターで勝負パッティング力が上がれば、

  • ショートパットが決まり、3パットがなくなる
  • スコアが劇的によくなり、目標達成やライバルに勝てる
  • パターの自信から、ショットやアプローチも良くなる
  • ノー感が直り、絶妙な距離感やタッチが身につく
  • 効率がよく、正しい練習方法がわかり、最速で上達できる

スイング理論は、

その人の筋力や柔軟性、年齢、性別など色々な条件で別れてきますが、ITパッティング理論は老若男女、ハンディなどは一切関係ありません。

体格の差を関係なく実践でき、極めれば、プロ以上のパッティング力が身につきます!

ITパッティング理論の内容(一部紹介)

1章 ITパッティング理論とは!?

2章 パッティングの重要性

科学的、精神的、技術的根拠の基に生み出されたITパッティング理論とは!?

本当のパッティングの重要性とは!?

ゴルフ界の言葉で『ドライバー イズ ショー、パット イズ マネー』という言葉はゴルファーなら1度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか?

だれでも、ゴルフにおいてパッティングは重要だということを知っています。

しかし、本当の意味で『パッティングは重要』と理解している人はごくわずかです。
ここではパターの本当の重要性について解説します。

なぜストロークの5割をパターが影響し、パターをスコアに悪影響ではなく、パターでリズムを作っていく方法を公開します。

3章 ITパッティング理論の基本ステップ

ほとんどの人が誤解しているパッティングのボールの動きとは!?

パターにも、実は3°~4°のロフト角が存在します。

パッティングにおいてこのロフト角をクラブの設計通り使うことで、インパクト後に少しキャリーして、その後順回転していきます。理想的なパターの転がりとその重要性について解説します。

第4章 ストローク軌道・フェースの向き・芯で捉えるパッティング3つの要素

完璧な軌道を習得する練習方法とは!?

理想のアドレス、ストローク方法を習得することができれば、あとは実際のラウンドでその動きができるように反復練習するだけです。

ここでは、完璧な軌道を体にしみ込ませる最もシンプルな練習方法を紹介します。

スクエアインパクトを体感する方法とは!?

ストロークは目に見えるので意識しやすいですが、ボールがあたる瞬間のインパクトの
フェースの角度は見る事が出来ないので意識することが難しいです。

ここではインパクトの瞬間にスクエアのフェース面を意識するための具体的な方法をお伝えします。

第5章 ショートパット ロングパット

ショートパットにおいて最も重要なこととは!?

パットには色々な必要要素がありますが、ショートパットで最も重要な項目について解説します。

この部分がクリアできれいれば、多少のズレでもカップにパットをねじ込むことができます。

最も重要なことですので確実に理解をしてください。

  • ショートパットの苦手意識を克服するドリルとは!?
  • ショートパットの成功率を格段に上げるイメージの作り方とは!?
  • 微妙に切れるラインを決める極意とは!?
  • ショートパットのプレッシャーを克服する方法とは!?
  • あなたの絶対距離感を呼び覚ます方法とは!?
  • ロングパットの基準を作る法則とは!?
  • 超ロングパットを確実で2パットで沈める距離感分割法とは!?

第7章・第8章 グリーンの読み方とメンタルについて

芝目を毎回意識していますか?

失敗しない芝目の読み方とは!?

ベントグリーンでさえ、必ず芝目は存在します。
そしてボールの転がりはこの芝目が大きく影響をされます。

あなたの想像以上に、早かったり、重かったり、フックしたり、スライスしたり、、、

これらの状況は芝目がしっかりと読めていない証拠になります。

ここでは様々な角度から確実に芝目を読む方法をお伝えします。

第9章 ITパッティング理論式 自宅練習プログラム

自宅で徹底すべき項目とは!?

自宅では、たくさんのことを練習する必要はありません。

徹底的に練習すべき項目はただ1つです。

この項目を具体的な練習方法で1日10分、たった10球でいいので練習してみてください。

あなたのパターが一気に激変し、スコアも格段にアップします。

自宅練習の具体的なステップとは!?

具体的にどのような手順を踏んでいけば、最大の成果が得られるのかをお伝えいたします。

特別な4大特典

特典1.ラウンド当日練習グリーンで実際に行う特別メニュー

特典2.直接のアドバイスのメールサポート

特典3.180日の全額返金保証付

特典4.あなたの声を寄せて、5000円キャッシュバック

私は、このITパッティング理論を公開することで皆様のゴルフを変えたいと思っています。

本当にパターが変われば、あなたのゴルフが変わります。

この理論であなたの目標を達成させてみせます!

シングル入りには、ITパッティング理論がお勧めです。

今週のおすすめ練習法

ドライバーの飛距離アップでお悩みの方に必見の練習法があります↓

ドライバー飛距離アップの真髄「私が100ヤードの飛距離アップを実現させた4つの方法」

ゴルフの様々なお悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
パター上達練習法~ITパッティング理論~
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!