ショートゲームはアプローチとパターを極める

アプローチショットからパターというのは、
ゴルフにおいて、そのホールの最後の流れになります。

ここで大きなミスをしてしまうと
次のホールで精神的な影響が出てしまいますし、
最終ホールでのミスとなると
その日一日のゴルフが残念な感じになってしまいます。

みなさんもこういった経験はないでしょうか?

アプローチ、パターでのミスを引きずって
次のホールのティーショットでさらにミス。

絶好調だったのに最終ホールのアプローチで失敗して
パターの数が増えてしまってもやもやする。

私はあります。

そして、そうなってしまった原因もわかっています。

こういった時のパターンは、
大体、基本的なことをおろそかにしていることがほとんどです。

アプローチで距離にあったアドレスをとれていない。

パターで適切なストロークを出来ていない。

自分でもなんでこんな馬鹿なミスを……
と思わずにいられないミスです。

なぜこんなミスをしてしまうかというと
その原因もわかっています。

それは「なれ」です。

基本中の基本というのは、覚えてしまえば、
あとはもう一度勉強しようとはなかなかしないものです。

しかし、これが落とし穴です。

なれた動きを何も考えずに続けていると
じょじょにずれていってしまい、
そのうち間違った動きになっていってしまいます。

そして、ここが一番怖いところなのですが
それを間違いのない完璧なものと勘違いしてしまいます。

それこそ、ずれていった上に間違えた内容を
正解だと思い込んでしまっていることだってあります。

アプローチ、パターでなにかうまく言っていないという時は、
ほぼこれによるミスの誘発です。

これは、誰にでも起こるごく普通のことです。

それこそ、プロにだって起こり得ることです。
だからこそ、プロは毎日の練習の中で確認し、修正していっているのです。

だから、アプローチからパターの流れのどこかで
おかしなミスをしてしまった時は、必ず基礎を確認しましょう。

そうすれば、次のラウンドではおかしなミスをせずにすみます。

もしあなたが

アプローチ、パター

で、お悩みであれば

ITパッティング理論がオススメです。

実際にパターが上手く行かなくなってしまった時や
凡ミスをしてしまった時は、
ITパッティング理論を一から読み直し、パターを再調整します。

そうすれば、自信を持ってパターに望むことができ、結果もついてきます。

アプローチがだめな時は、アプローチ革命を見直します。

基礎の部分も徹底的に、
それこそ普通のレッスンでは飛ばされかねない部分まで
しっかりと収録されているからです。

アプローチ革命で基礎を確認すれば、
これも結果はしっかりとついてきます。

もちろん、このアプローチ革命と
ITパッティング理論に収録されているのは基礎だけではありません。

応用部分もしっかりと収録されています。
こちらも合わせて確認すれば、
グリーン周りでの自信は揺らぐことはありません。

まさに「グリーン周りのバイブル」と言えるのが
アプローチ革命ITパッティング理論です。

みなさんもこのアプローチ革命とITパッティング理論で
グリーン周りを攻略してみてください。

グリーン周りは、スコアに直結しています。
ここを攻略できれば確実にスコアは変わってきますので、
スコアに伸び悩んでいる方は、ぜひ挑戦してみてください。

応援しています。

スポンサーリンク