スコアはアプローチ・パターでリカバリーする




プロの世界でドライバーで300y以上飛ばす選手がたくさんいます。

でも、飛距離がないにも関わらず強い選手がいるのはなぜでしょう?

その答えは、

”リカバリー率”です。

リカバリー率とは、パーオンできなかったホールでパーかそれ以上のスコアを出した時の確率です。

簡単に言うと、寄せワンのことです。

飛距離がないプロが厳しいツアーで勝ち残っていき、さらに上位に入る鍵はこの“リカバリー率”にあります。

つまり寄せワンの技術(アプローチ・パター)がゴルフにおいて最も重要になってきます!

この事実をしっかり理解する必要があります。



アプローチを極めてスコアアップ

スコアの70%はピンから120y以内で打たれると言われています。

だから、アプローチを重点的に練習すべきなのです。

これは紛れもなく事実なのです!!

100の壁や90の壁で伸び悩んでいる方、

シングル入りを目指すもなかなか達成できない方、

果たして、アプローチ・パターの基本はしっかりできているでしょうか?

300yのドライバーショットは体格や筋力、年齢などにもよりますが、アプローチ・パターは体格や筋力、年齢などは一切関係ありません。

だれでも上達することは可能なのです!!

小柄な選手でもアプローチ・パターを徹底的に練習すれば試合に勝てるのです。

プレッシャーのかかった場面では、ショットは思うように打てません!

シングルさんでさえ、グリーンをとらえる確率は50%以下です。

もしあなたが、

・ダフリやトップばかりでグリーン周りを行ったり来たり

・スコアが伸びずスランプに陥っていたり、限界を感じてる

・もっとも効率よく上達やスコアアップしたい

・ショットは調子がいいのに、スコアは悪い

と悩んでいるなら、

今すぐアプローチ・パターの練習を徹底してください!

練習場でドライバーの練習ばかりしていては、

逆に、、、

スイングを壊す原因になります。

プロは、徹底的にアプローチ・パターの練習をします!!

ゴルフの上達には、

アプローチの基本を徹底的にマスターしてください。

アプローチはスコアの要です。

応援しています。

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

スポンサーリンク

フォローする

スコアはアプローチ・パターでリカバリーする
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!



スポンサーリンク