グリーン周り寄せるアプローチ・入れるパター練習法

cropped-header01.pngゴルフで、もし18ホールイーブンで回ると、打たれるショットの数は72打です。当然のことだと思われるかもしれません。

では、飛距離別で考えるとどうでしょう。
想像ができるかもしれませんが、72打のうち70%はピンから120y以内で打たれています。

何を言おうとしているか、想像できますよね?

「アプローチを重点的に練習すべきだ」

ということです。

でも、アプローチでいくら1~3m圏内に寄せても肝心のパターが入らなければ意味がありません。

逆に、パターにいくら自信があってもアプローチで1~3m圏内に寄せなければパーパットをコンスタントにカップインさせることはできません。

パターとアプローチは一体として考えるべきなのです。

その考え方に基づいて作成された教材です。



ゴルフ上達シンプルグリーン周り戦法

実際、ツアープロの中でも300yを超えるティーショットを打つ人は多くありません。

恐らく280~300y位の飛距離がプロの中でも多いのではないでしょうか。
それもバックティからなので、セカンドショットの位置はアマチュアゴルファーのそれと、それほど変わらないかもしれません。

それでもアンダーパーでラウンドしているのは、グリーン上とグリーン周りでの圧倒的な精度の高さによるものです。

繰り返しになりますが、70%はピンから120y以内で打たれています。
そして、パターの数は、全体スコアの40%を占めます。
スコア100の方だと、40打パッティングに費やすということになります。

40打÷18ホール=2.2打

ということは、3パットを4回している計算です。
3パットが2パットになるだけで、100は簡単に切れるようになります。

この教材では、

◆パーオンしたホールで確実に2パットで沈めるパター力

ロングパットの距離感、
そして1~2mに寄せたショートパットを確実に沈めること。

これを身につけることで、パーオンしたホールでも3パットは激減します。

◆グリーンを外したホールではしっかり寄せて1パットの寄せワン力

100が切れないゴルファーのパーオン率は10%以下です。

グリーンを外したホールでいかにアプローチで1パット圏内の1~3m以内に寄せる技術。

そのパットをいかに1パットで沈めるかがもっとも大切です。

この二点を重点的に解説しています。

もし、あなたがまだアプローチ・パターをマスターしていなければ、ドライバーよりまず優先して練習をしてほしいと思っています。

なぜなら、アプローチの上達は、
パター数を30以内にすることの方が、
ドライバーの300ヤードよりやるべき項目が少なく、早くて、簡単です。

セカンドでのリカバリー率が上がることで、安心してドライバーを打てるようになり、ドライバーの飛距離も向上するかもしれません。

早く、そして効率良くうまくなりたいなら

ゴルフ上達シンプルグリーン周り戦法(公式サイト)

絶対にオススメです!

スポンサーリンク