7番アイアンをダウンブローに打つ練習方法

ダウンブロー01アイアンのミスショットが多いのは辛いですね。

コースで、これから120ヤードの
セカンドショットを打ちます。

この距離ならピンの近くに寄せて

「バーディを取りたい」
「悪くてもパーで上がる」

「絶対に乗せる!」と気合を入れて
打ったボールは、、、

「ザクッ」とダフって
30ヤードも飛ばない。

がっかりしてしまいますね。

どうすればアイアンのミスを
減らせるのでしょうか?



アイアンショットのミスを減らす方法

(1)本人が気づかない「少しのダフリ」がミスの原因

アイアンでミスショットになる
原因の1つが、「少しダフっている」です。

本人が気づいていないけど
「少しダフリ気味」というケースは多いです。

最近のアイアンは低重心なので「少しダフリ気味」でも
それなりにボールは飛んでくれます。

しかし、、、

クラブでミスをカバーするにも
「限界」があります。

フェアーウェイのフワっとした芝の上にある
ボールは打てるけど、、、

冬場の湿った芝で薄くなったり、
バンカーにあるボールは飛ばせません。

ボールを打つ前に地面を打てば
フェース面はずれます。

ライ角がピッタリだとズレが小さいですが
それでも地面の抵抗でフェース面は狂います。

「少しのダフリ」がミスショットの原因なのです。

(2)アイアンの上手い人はダウンブローに打つ

アイアンの上手い人は
ダウンブローに打ちます。

ダウンブローとはクラブヘッドが下降している途中で
ボールを打つスイング。

ダウンブローのメリットは

・ダフリやトップになりにくい
・インパクトでのフェース面が安定して左右のブレが減る
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる
・打感が良い

アイアンのミスショットが多いなら
「ダウンブローに打てているか?」をご確認下さい。

(3)ダウンブローの打ち方

どうすればダウンブローに打てるのか?

ダウンブローに打てると
アイアンの打感が良くなります。

アイアンの打感が良いと
ゴルフは最高に楽しいです。

あなたはダウンブローに打っていますか?

ダウンブローを習得したいとお考えであれば、

7番アイアンをダウンブローに打ちゴルフを上達する方法(公式サイト)

が絶対お勧めです。

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

フォローする

7番アイアンをダウンブローに打つ練習方法
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!