前傾角、中心軸を安定させればヘッドが加速する

そしてどうしてゴルファーの8割がスライサーなのか?

バックスイングは上体の捻転でスイングをつくります。

下半身はあまり回転させずに、上体を捻ってトップまでつくります。

その捻れをキープしたまま、下半身を先行させダウンスイングを開始します。

インパクトゾーンでは手元が減速しクラブヘッドが加速していきます。

そのクラブヘッドの加速で腕が伸ばされ大きなフォローが作られます。

前傾角、中心軸の流れが発生しないようにすると加速のスピードが上がります。

それは、
体は中心に残ろうとする動きと、ヘッドは前方に動こうとする動きで
体とクラブヘッドが引っ張り合う形になります。

このようにスイングできればフォローでヘッドは加速していきます。
この動きは飛距離が出る人は自然とできています。

距離が出ない人はこの部分ができていない場合が非常に多いです。

またスライスする人も同じです。

ゴルファーの80パーセントがスライサーと言われている原因はここにあります。

フォローでヘッドが加速せずに、手元が加速してしまいます。
どうしても綺麗にボールにヒットさせたいと思うと手先が先行してしまうのです。

初心者のほとんどは手先でボールを当てにいくのでスライスしてしまいます。

手元が加速することでヘッドは減速しフォローで振りきれなくなり、
左肘が引けてしまったり、左脇が開いたり、体が手に引っ張られ起き上がったり、
体がひらいてしまう原因をつくってしまいます。

このスイングのメカニズムを知っていればスライスを修正するのは本当に簡単です。

絶対!100切りプロジェクト(公式サイト)

スポンサーリンク