ザ・アイアンバイブル

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『アイアンが打てない3つの原因』

原因1、ショートアイアンもロングアイアンも同じ打ち方だと思っている

原因2、アイアンショットのミスの原因を根本から理解していない

原因3、ミスの原因を解決するための具体的な方法がわからない

ひとつひとつ解説します。

■原因1、ショートアイアンもロングアイアンも同じ打ち方だと思っている

アイアンが苦手な人のほとんどは、

ショートアイアンもロングアイアンも同じ打ち方をしています。

しかし、それは完全に間違った考え方です。

確かに、同じアイアンですので共通部分は存在します。

しかし、ショートアイアンとロングアイアンではクラブの長さは大きく変わってきます。

なので、同じ打ち方などをしているとそれこそがミスを必然的に誘発してしまうのです。

もっとも大切なことは、アイアンとして共通する部分、

共通しない部分をしっかり意識してスイングすることが必要になってきます。

■原因2、アイアンショットのミスの原因を根本から理解していない

ミスには必ず原因があります。

例えば、アイアンショットでは、ダフリやトップ、方向性の乱れ、番手通りの距離がでないなどスイング中の悪い動きによって引き起こされます。

もし、あなた自身がこれらの悩みに遭遇した際には、

どのような動きが原因でこれらのミスを引き起こしているのか根本から理解する必要があります。

まずは、ミスの原因を知らなければ、解決することはできないのです。

■原因3、ミスの原因を解決するための具体的な方法がわからない

原因を理解していても解決するための具体的な方法がわからなければ、

一生、それらのミスと付き合っていく必要があります。

あなたのミスの原因を頭では理解していたとしても、そう簡単には悪い動きは直せません。

そこがゴルフスイングの難しいところではないでしょうか!?

プロゴルファーはただ単に普通にショットの練習はしません。

ほとんどドリル形式の練習を取り入れて打球練習をしています。

一方、普段の練習場を見渡してみれば一目瞭然、アマチュアの方の多くは、

ただただ闇雲にスイングをしているだけです。

スイングを矯正するためには、スイングをしながらその悪癖を修正する必要があります。

つまりドリル形式の方法が一番最適な修正方法です。

あなたのミスの原因を修正するための最適なドリル形式の練習をする必要があるのです。

いかがでしたでしょうか?

もし、あなたがこの3つの原因に当てはまっていれば、

逆にこれらの原因を解決さえすれば、アイアンはすぐに上達できます!

アイアン上達必須「ザ・アイアンバイブル」のご紹介


この3つの原因を完全にカバーした形でプログラムを組んでいます。

ザ・アイアンバイブル」という名を付けたくらいですから、

アイアンスイングを全て網羅しているプログラムになっています。

アマチュアゴルファーの多くは、

アイアンが調子が悪くなると、

ゴルフ雑誌などを買い、色々なプロの色々なレッスンを、

断片的に拾って練習している人も少なくないのではないでしょうか。

ただ、それでは安定的なスイングを手にいれることはできません。

今回は、アイアンショットを体系化し、

一貫性のあるレッスンプログラムを組んでいます。

ミスショットの原因を徹底的に解説し、

それをカバーするためのプログラムで構成しています。

ミスの原因を明確にして、改善。

これを繰り返すことが最も重要になってきます。

もし、あなたが、

・アイアンショットがダフったり、トップばかりだ

・年齢のせいでアイアンが使えず、ウッドばかりだ

・アイアンショットの方向性が安定しない

・ドライバーが調子がいいとアイアンが打てない

・OBや池、ガードバンカーが気になってしまう

・スライスやフックが出てしまう

・ドライバーの飛距離に比べてアイアンが飛ばない

・ほとんどのホールでパーオンしない

・コントロールショットがうまく打てない

・フェアウェイバンカーからいつもダフってしまう

・自分の理想の高さにほど遠い

・芯にあたらなくショットが気持ちよくない

・とにかくアイアンショットが苦手だ

こんな悩みを1つでも抱えていましたら、

ザ・アイアンバイブル(公式サイト)」は必ず役に立ちます。

スポンサーリンク
ザ・アイアンバイブル
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク